温泉

2009年1月 2日 (金)

『ゆの杜 竹泉』

Oita090102_01

「極楽温泉」を出て、通りにある『ゆの杜 竹泉』に寄る。

Oita090102_02

こちらはかなり新しくてモダンな雰囲気。

Oita090102_03

駐車場は他県ナンバーばっかり。「極楽温泉」は大分ナンバーばっかりやったし、客層が180度正反対。すぐ近所やのに。

Oita090102_04

正面には立派な門松。そういえば今日は1月2日。全然正月の雰囲気あれへん。

Oita090102_05

入浴料は\500-から\2,000-で、家族風呂がメイン。入るには事前予約が必要。

Oita090102_06

泉質はアルカリ性単純泉。ここから先は入浴客のために立入禁止とのこと。

Oita090102_07

敷地内の高台には一軒家がある。この温泉は個人経営?

Oita090102_08

庭には馬までおる。道産子?

Oita090102_09

道産子って、ゆくゆくは何になるんやろなぁ。

Oita090102_10

ドライブをかねてホワイトロードから帰途につく。「わさだタウン」の前はかなりひどい渋滞やった。これって正月渋滞?通勤ラッシュ以上。

短い1日やった。

ゆの杜 竹泉
大分県由布市挾間町来鉢影ノ木1048-1
097-583-4088
11:00-22:00(第1木曜休み)
http://www.yunomoritakesen.jp/

|

『極楽温泉』

Spa090102_01

昼食を摂って休憩。それから軽く出かけることにする。田中三叉路から国道210号を賀来方面へ、大分医大のある狭間町へ。大分医大とローソンがある三叉路を入ってひとつめの信号を越える。500mほど走ると右手に大きな看板が見える。それを右折。

Spa090102_02

正面に高崎山を見ながら進む。ひとつ目の信号を左折するようにナビは案内するけど、それを無視して直進。すると左手に「『極楽温泉』近道」という看板がある。それを看板通りに左折。実際、この道を通った方が迷わずたどり着けると思う。ナビを信じたらあかん。

Spa090102_03

山道を進むこと5分、この建物と『極楽温泉』の看板が見えたら到着。

Spa090102_04

駐車場は30台くらい停めれる。まだ奥にもあり。

Spa090102_05

露天風呂もあるらしい。予約、早い者優先。

Spa090102_06

オーソドックスに内湯へ。

Spa090102_07

内湯は1人\300-、家族風呂と露天風呂はそれぞれ50分で\1,000-。

Spa090102_08

造りはどうみても民家。これでも新たに改装されたものらしい。

Spa090102_09

男湯は右、女湯は左。この鏡は広く見せるため?

Spa090102_10

脱衣所はなかなか広くて快適。こんなに混んでるとは思わへんかったな~。

Spa090102_11

ここは疲労回復にいいという。新聞に大きな広告載せてるくらいやし、ぎょーさん入ってるんやろか…。

Spa090102_12

泉質は、pH8.9のアルカリ性単純温泉。無色透明、無味、無臭でただの銭湯のようやった。浴室内はあまりに人が多くて撮影できず。カメラは持って入ったんやけどなぁ。

Spa090102_13

10分ほどであがる。待合室にはみかんがあった。旨そう…。

Spa090102_14

「とうふ愛す」を購入。直入産のかぼす入り豆腐アイス。]
豆腐の風味が強くて旨かった。

Spa090102_15

正面からまっすぐ出ると建物がある。

Spa090102_16

露天風呂エリア。3つのお風呂があるみたい。今日は満室。

この温泉は、温泉っていうより銭湯って雰囲気やった。
まだ「明野アサヒ温泉」のほうがマシ。

極楽温泉
大分県由布市挾間町来鉢影ノ木1154-1
097-583-5511
11:00-21:00(月曜休み)
入浴料 \300-
駐車場 30台

|

2008年10月12日 (日)

さらば鉄輪

Spa081012_59

市営駐車場に車を取りに戻ってきた。市営だけに無料なんやけど、全然混んでへん。「ヤングセンター」隣にも専用駐車場があって、みんなそこに無断で停めてるのかもしれん。というより、車では来んかもしれんなぁ。

Spa081012_60

「いでゆ坂」の終わり。

鉄輪温泉の魅力は…。

鉄輪といったら「地獄めぐり」のほうが有名やと思う。

|

『すじ湯温泉』

Spa081012_55

更地にも温泉が湧いてる。

Spa081012_56

その横に『すじ湯温泉』という公衆浴場があった。バックパッカー向け?以前は、鉄輪の組合員専用やったらしい。今では誰でも入れるとのこと。

Spa081012_57

入湯料は\100-。営業時間は6時30分から19時まで。

Spa081012_58

地元のおいちゃんらしき人が2人入ってた。この扉の奥がすぐ浴槽。女湯も目の前で脱衣所に若い女性が1人いて目があって驚いた。

お邪魔しました~。

すじ湯温泉
大分県別府市鉄輪井田4
6:30-19:00

|

鉄輪散策

Spa081012_46

鉄輪の町をしばし散策することにした。まず目に付いたのが「永福寺」。
奥には老舗旅館があった。

Spa081012_47

綺麗な石畳の坂が続く。

Spa081012_48

反対方向に降りて、ちょっと開けた場所にやってきた。

Spa081012_49

浴衣を着たこのおっさんは何者?

Spa081012_50

無料の温泉広場のようなもの。「一遍湯かけ上人」の像があった。

Spa081012_51

「鉄輪むし湯」ってある。鉄輪は蒸し湯で有名なんやろか?実は全然知らへん。

Spa081012_52

無料の足湯があった。「無料」とあると人が群がる。現金やなぁ。

Spa081012_53

箱のような囲いの中に足を入れるらしい。サウナとどう違うんやろ?

Spa081012_54

必ずおるのがオバタリアン。怖いもの知らずと傲慢さに負ける。

さて、次へ~。

|

鉄輪温泉『旅館国東荘』

Spa081012_02

鉄輪温泉にやってきた。「いでゆ坂」がこんな風に綺麗になったのは、去年2007年12月のことらしい。鉄輪なんて最後に来たのは小学生の頃、全然雰囲気覚えてへん。

Spa081012_03

ほんまに綺麗な石畳。古い由緒ある温泉街の雰囲気は一掃された。

Spa081012_04

えらい急坂。しかも車が自由に通行する。歩行者そっちのけなんはどうかと思う。

Spa081012_05

途中に「ヤング劇場」がある。大人\1,200-。
こういうのがあると温泉街にいるのを実感する。

Spa081012_06

「ヤング劇場」の角を南に折れる。すると細い路地が続く。

Spa081012_07

『旅館国東荘』にやってきた。ここのお風呂が雑誌に載ってたらしい。

Spa081012_30

日帰りで温泉だけ入れてもらおうと声をかける。ここの女将さん、全く話が通じへんかった。何言ってるかわかれへん。もしかして日本語理解できへん?

今日は宿泊客があって、

「もうすぐ車が9台来るから市営の駐車場に停めてきてくれ」

という。愛想悪いなぁ。

Spa081012_31

温泉宿はどこもこんなんんかもしれへんけど、できたらこういう旅館には泊まりたくあれへん。これが風情やったらいらんわぁ。

Spa081012_32

「坂吉の湯」はここ『旅館国東荘』が湯元の温泉とのこと。
蒸し湯、滝湯、砂湯、露天があるらしい。

Spa081012_33

旅館の前の道を下る。

Spa081012_34

50mも進むと左手に「坂吉の湯」が現れる。えらい新しいなぁ。

Spa081012_08

右手には温泉が噴き出してる。硫黄の香りが強い。

Spa081012_35

その奥に、貸切露天風呂がある。1時間\1,200-。

〝入ってますよ~〟

ここは家族風呂らしい。失礼しました。

Spa081012_09

入り口がやけに小さいのは気のせい?頭上注意。

Spa081012_10

入浴 \600-。最近の温泉は高くなったなぁ。

Spa081012_11

綺麗な建物。新築なんやろか?

Spa081012_12

16時に男湯と女湯が入れ替わったとこらしい。

Spa081012_13

脱衣所も綺麗。ただ、ビニール張りはイケてへんなぁ。床がびしょびしょになるやん。

Spa081012_14

大浴場は貸切状態。なかなか広くて、余裕で泳げる。

Spa081012_15

20人から30人は入れそう。泉質は弱酸性やろか?つるつるした感じはあれへんし、温泉に入ってる気になれへん。でも、鉄輪温泉の泉質は日本一と言われてる。
ほんまやろか?

Spa081012_16

シャンプーもボディソープも完備されてる。温泉にシャンプーがあるのは許せへん。温泉を汚すと思うんやけどなぁ。

Spa081012_17

いざ、砂湯へ向かう。

Spa081012_18

定員は5人くらい。砂湯なんて、中学生の時に鹿児島の指宿で入って以来。

Spa081012_19

まず1人分の穴を掘る。

あかんっ、掘れば掘るほど熱くなって、立ってることすらままならんほどやった。

Spa081012_20

掘った穴を埋めて、砂の上に寝ることにした。そして、その上に砂をかける。1人ではこれが限界。ほんまは、旅館で砂湯用の服を\300-で借りるらしい。そんなん知らんし。

Spa081012_21

その上に砂を盛ってもらう。すでに汗だくだく。腰のあたりが熱い。15分ほどで出た。

Spa081012_22

砂を落とすために、となりのシャワールーム(?)へ。実はこれが滝湯らしい。

Spa081012_23

砂を落とす時にスイッチON、使い終わったらスイッチOFF。
こんなんを滝湯って言ってええんやろか?

これでもう上がることにした。えらい早風呂やったなぁ。

Spa081012_24

誰もおれへんとのことで、女湯をのぞく。脱衣所は同じやね。

Spa081012_25

大浴場は広い。2倍くらいあるやろか。

Spa081012_26

これが蒸し湯。どこに入口があるんやろ?

Spa081012_27

ここから入るらしい。どうやって?

Spa081012_28

これは閉所恐怖症やったらまず入れへんやろなぁ。というより、移動もままならんと思う。薬草みたいなのの上に寝るらしい。裸ではまず無理やろなぁ。このコンセプトがようわからん。これも服を借りて入るらしい。

大したことあれへん温泉やったなぁ。

鉄輪温泉 旅館国東荘
大分県別府市鉄輪風呂本3組
0977-66-0241
http://www.beppu-kunisakisou.com/

|

2008年8月17日 (日)

『赤川温泉 赤川荘』

Spa080817_01

15時、自宅を出発して久住高原に向かう。いつも14時まわってから出発するという腰の重さ。でも、帰り支度を始める頃に向かうし空いてることが多い。
まずはホワイトロードを国道442号に向かって走る。「わったん」こと「トキハわさだタウン」は意外なくらいに空いてた。

Spa080817_02

途中、前が見えへんくらいの大雨に見舞われながら久住高原に到着。ほんまにバケツの水をひっくり返したような雨やった。こんな大雨の中、露天風呂に入るのはどうなんやろ~。あれっ、一気に雨が上がった。

Spa080817_03

横に併走してるのは、「日本一のマラソン練習コース」として有名な「久住高原クロスカントリーコース」。有名選手もよくここで練習してる。今日も大雨にも関わらず3人ほど走ってた。

Spa080817_04

久住山を南登山口方面から望む。大分県で一番高い山やけど、比較的登りやすい。高校時代に学校全体の合宿でやってきて山頂まで競争した記憶がある。

Spa080817_05

「くじゅう花公園」を越えて黒川温泉方向に5分も走ると『赤川温泉 赤川荘』の大きな看板が右手に見えてくる。今回の帰省はここにくることが目的やった。

Spa080817_06

この道を5分ほどずんずん進む。急坂になるけど舗装されてるし楽チン。

Spa080817_061

途中、久住山の登山口がある。それを横目に見ながら突き当たりまで進む。

Spa080817_07

いきなり道が細くなって「進入禁止」の看板が現れる。この手前には公衆便所と駐車場がある。この先、宿泊者以外は進入禁止。

Spa080817_08

30台くらいは停めれるかな。ここに車を置いて徒歩で向かう。

Spa080817_09

目的の赤川荘まで徒歩2分。さすがに標高が高いところにやってきたし気温が低くて涼しい。とってもいい気候。こんなところに住みたいなぁ。

Spa080817_10

カーブをひとつ曲がると赤川荘に到着。

Spa080817_11

あれっ、駐車場がらがらやん。ここまで車で来たらよかった…。

Spa080817_12

16時30分、『赤川温泉 赤川荘』到着。今日こそこの温泉に入りたい。実は、一度門前払いされたことがある。あの時も確か到着遅かったなぁ。

Spa080817_13

やっぱり入れ違いに帰るお客さんがおった。この時刻から日帰り入浴に来る人は希やろなぁ。それが狙いでもあるる。

Spa080817_14

入浴料は\500-、宿泊は\9,000-から。8室のみで今日は満室らしい。あらゆる壁にこの「赤川荘」が紹介された雑誌の切り抜きが貼ってあった。

Spa080817_15

右手奥が大浴場。山奥にあるけど、なかなかこぢんまりした温泉施設。

Spa080817_16

その途中には食堂がある。ちょうど夕食の準備が始まってた。料理が見えたけど…、ここはノーコメント。

Spa080817_17

「日本一の硫黄冷鉱泉」として有名な赤川温泉。その効用は、アトピーやにきび、シミなど皮膚によく効くと評判がいい。

Spa080817_18

決して清潔とは言えへん脱衣所。マットもびたびたに濡れてた。ロッカーは \100-。

Spa080817_19

いざ、内湯へ。温度は38℃くらいでちょっとぬるい。

Spa080817_20

床には硫黄分が析出してるのか白くなってた。

Spa080817_21

内湯にある源泉。水温は20℃くらい。手をつけてびっくりした。ここにはさすがに入れへんな~。震えが止まらへんようになると思う。

Spa080817_22

源泉を大事にしてる温泉やのに、シャンプーとボディーソープ完備。これは意外やったなぁ。洗剤禁止やとばっかり思ってた。

Spa080817_23

いざ、メインの露天へ。白濁したお湯はエメラルドグリーンにも見える。浴槽はふたつに分かれてて、手前が加温してて30℃くらい。白濁してるけど綺麗なお湯。長湯温泉の「ラムネ温泉」と同じくらい冷たい。さらに奥は…、水やった…。20℃以下?かなり冷たい。

Spa080817_24

この先立入禁止の鎖がある。なぜなら、この先は女湯に繋がってるから。高校生くらいの女の子の叫び声が聞こえてた。

Spa080817_25

奥には滝がある。男湯からの眺めはいまいち。女湯からの眺めはパンフレットの通り絶景なんやろなぁ。男湯と女湯は日替わり。ついてへんかったなぁ。

Spa080817_26

もちろん、源泉掛け流しの冷たい方に入る。こっちに長時間入ってると隣が熱湯に思える。それでも、3月に蒲江ビーチで5mmウェットで潜るのに較べたらかなり温かい。

Spa080817_27

このついたての反対側が女湯。下から人影がちらちら見えるけど…。
これって盗撮?あかんあかん…。

Spa080817_28

これが源泉。もひとつ冷たい。

Spa080817_29

源泉だけあって、白いものがぎょーさん浮いてた。これが皮膚に効く成分?pH=4.9の酸性で、油分が消えて皮膚がかさかさになってた。水分もこの通り弾く。

Spa080817_30

雨はすっかり上がった。タイミングよかったな~。

Spa080817_31

鳥肌が出てる。でも、これくらいなら何時間でもつかってられそう。今まで温泉って言ってもただのお湯と思ってた。でも、ここのお湯はほんまに違う。皮膚に効いてる感じがする。もちろん、ピリピリしたりするわけやない。

Spa080817_32

泉温は、18.4℃とのこと。冷たいはずやわ。ちなみに、温泉の反対語は鉱泉。「冷泉」という表現は間違い。

Spa080817_33

泉質は、含二酸化炭素・硫黄・カルシウム・硫酸塩冷鉱泉で、硫化水素を52.6mgも含んでで国内ではトップクラスの硫黄泉とのこと。

Spa080817_34

「サライ」にも表紙に載ったらしい。壁という壁は張り紙だらけ。

Spa080817_35

カウンター前には石鹸が並んでた。

Spa080817_36

赤川温泉の成分を濃縮した「濃縮石鹸」は1個\2,000-。ちょっと高いなぁ。でも、この石鹸で効いたら安いほうやろか…。

Spa080817_37

「奇跡のせっけん」と呼ばれてるらしい。

Spa080817_38_2

駐車場横に流れる滝の側で温泉を飲むことができる。源泉とふたつあり。

Spa080817_39

「赤川霊鉱泉」とある。こっちは源泉。炭酸泉なんかな~、そんな味がした。

Spa080817_40

「久住生命水」とあるこっちの水はミネラルウォーターのようで無色無臭。

ほんまにここの温泉はよかった。初めて「また来たい」と思った温泉。絶対またこよっと。お肌はすべすべ。他の3人は全然そんなことあれへんっていうし、18.4℃の源泉が効いたんかもしれん。加熱してる方は何も浮いてへんかったしな~。絶対源泉に入るのがお薦め。一度泊まりで来てみたい。

赤川温泉 赤川荘
大分県竹田市久住高原1100
0974-76-0081
http://www.akagawaonsen.com

|

2008年5月 4日 (日)

湯布院温泉満喫

Spa080504_01

湯布院にやってきた。湯布院の町を見渡せるところにある友人の別荘。

Spa080504_02

別荘っていうものはこうあるべきやね。いくつ家があるんやろ…。

Spa080504_03

大人7人でBBQの後、酒盛り。かなりできあがってるなぁ。

Spa080504_04

まずは温泉をいただく。源泉かけ流しの露天風呂。

Spa080504_05

源泉が90℃とかなり高いしちょっと熱め。でも気持ちいいなぁ。
毎日こんな温泉に入れたら幸せ。

Spa080504_06

蛍を捕獲。3匹ほど飛んでた。早いなぁ。

Spa080504_07

蛍を間近で見たのは初めて。ずっと服にとまって光り続けてた。

さて、ここから40分、泊まっていきたい気持ちを抑えて帰るとするか…。

|

2008年4月26日 (土)

鍋山の湯

別府市内を軽くドライブしながら、明礬温泉の上にある「鍋山の湯」にやってきた。夜は車上荒らしが発生したこともあってなかなか危険なところ。それでも車が5台も停まってた。上がってみると、キャンプをしてた。こんなとこでキャンプするか~?

真っ暗とは思いつつ、懐中電灯を持ってこんかった。月明かりに期待してたんやけど出てへんかったし真っ暗。真っ暗の岩場を進むのはかなり危険。そんな中、上の泥湯に向かう。近づいて行くと、カップルが足をつけててビックリした。向こうもビックリしてたやろなぁ。しばし会話して泥湯につかる。ここに入るのは初めて。

Spa080427

別府市内の夜景と満天の星空に感無量。冬はマシやけど、春から秋にかけての昼間は大混雑でまず入れへん。こんな風に深夜やとゼロではないと思うけど空いてると思う。もちろん無料、脱衣所もあれへん。襲われる危険を考えるとお薦めはできへん。でも気持ちいいと思う。


この時、これが最後の写真になると誰が想像したやろう…。


下の湯に移ろうとしてた時、カラカラカラ、チャポン。

何かが泥湯の中に落ちた。

何か?すでにわかりきってたんやけど…。

あまりの気持ちよさに、IXY910ISもよっぽど入りたかったに違いない。

IXY910ISさん水没。

IXY400を水没させて、IXY910ISに買い換えて半年。また水没。
水の縁があるんやろか…。

もちろん、まったく反応せず。ご臨終。

それでもこの時はそれほど大事とは思ってへんかった。

そして、次はTシャツが泥湯の中にダイビング。

Tシャツまでもが入りたかったらしい。


笑うしかあれへんかった…。


下の湯に入って、十文字原から別府市、大分市の夜景を一望して、地獄めぐりを回ってホテルに戻る。連れ回して悪かったね。

|

『おさるの湯』

Spa080426_01

「田中三叉路」を右折、賀来方面に向かう。

Spa080426_02

いい天気で真夏日。昼間はエアコンが必要なほど。

Spa080426_03

しばらく走ると「おさるの湯」の看板が見えてくる。
方向音痴の人ってほんまありえへん行動するから不思議。

Spa080426_04

山道に入るとかなり細くなり、所々離合困難になる。ガードレールはあれへんし、脱輪したらそのまま谷底へ落ちる。

Spa080426_05

大分自動車道大分 I.C. から10分程度のところにある『おさるの湯』に到着。

Spa080426_06

駐車場はかなり広い。100台以上停めれると思う。

Spa080426_07

2002年10月にできた温泉で、それが最近リニューアルしたとのこと。

Spa080426_08

ナンバーを見ると、大分ナンバーばかりで他県ナンバーは1台もおれへんかった。いつもそうらしい。県外の人間はわざわざ来るまでもあれへんところかもしれん。

Spa080426_09

過去の記事を検索してみると、かなり大きく改装されてる様子。

Spa080426_10

露天風呂 \300-、内湯 \500-。

Spa080426_11

受付で\300-を払って露天風呂に向かう。内湯とは入口から違ってた。

Spa080426_12

柵の向こうが内湯、サウナもある。両方入ったら\800-か…、そこまで出す価値はあれへんなぁ。もともとは\300-だけで入れたと思うけど。

Spa080426_13

リニューアル前は駐車場から直接ここに入れた。えらい立派な通路ができたこと。

Spa080426_14

扉を開けると、いきなり脱衣所と洗い場、湯船が一望できる。
なかなかおもしろいつくりやね。

Spa080426_15

リタイアしてる地元民。わざわざ休日に来んでも平日にいくらでも来れるやろ。
もっと静かに入ってくれへんやろか…。

Spa080426_16

なみなみと注がれる温泉。この赤茶色は鉄分が豊富やから?

Spa080426_17

アルカリ性の単純温泉で、原泉温度は53℃。効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復など。

Spa080426_18

露天から外の眺め。すぐ近くに池もある。そして、すぐそばには大分自動車道が走ってて、トラックが通るとなかなかうるさい。

Spa080426_19

駐車場脇には寂れた遊具があって子供も遊べる。

Spa080426_20

ヤギがメェメェ鳴いてた。

Spa080426_21

ヤギって人間の爺さんに顔がそっくり。

Spa080426_24

おかきを求めて、6匹のヤギが集まってきた。わずかなおかきをめぐって喧嘩をしてるところをみると、かなりお腹空いてるんやろなぁ。意外と動きが機敏。

Spa080426_25

ニワトリも放し飼い。オリの中にもおった。

Spa080426_26

ニワトリは突然突進してくるから驚く。

\300-で入れる、なかなかいい露天風呂やったね。

高崎山温泉 おさるの湯
大分県大分郡狭間町高崎628-1
097-583-5966
9:00-23:00(年中無休)
http://www10.plala.or.jp/osarunoyu/

|

より以前の記事一覧