« 『きこ』営業中? | トップページ | ガールズバーの行方 »

2009年3月30日 (月)

『やき肉 寺やん』で送別会

Gourmet090330_01

『やき肉 寺やん』にやってきた。

3月末、去る者同士で送別会。

Gourmet090330_02

外からのぞくと、今日も無人。こんなにおいしい焼肉屋さんやのにいつも空いてる。

Gourmet090330_03

空いてると静かなんがいい。この後、同じ会社のうるさい4人組が入ってきて最悪の事態になってしもたけど…。食事は静かにしたい。

Gourmet090330_04

壁にあったメニューが一新されてた。オーナーによると、前のメニューは子どもがすぐに破るからという。そんなにお客さんくるんやろか?

Gourmet090330_05

お箸入れはかわいらしい字やね。お店の雰囲気とは全く違う。

Gourmet090330_06

関西では、焼肉のタレはさらさら系が多いという。ほんまに?

Gourmet090330_07

まずはカルピから。特上は霜降りで脂分が多いしランク落とした。それでも焼かずに食べれるほど新鮮。でもランクの差は味でわかる。極上カルピ \1,570-、カルピ \890-。その差\680-、およそ2倍弱。でも、それだけの差は十分ある。

Gourmet090330_08

ホルモン \450-。てっちゃんより \20-安いのが不思議。ぶりぶりの脂身たっぷり。ホルモンは病みつきになるね。

Gourmet090330_09

寺やんサラダ \430-。他のサラダより\100-高め。でも安い。人を間違えたお詫びとしてカニスティックをのせてくれた。おおきに。

Gourmet090330_10

ウィンナーはこれで1人前。6本ってえらい多いなぁ。

Gourmet090330_11

大根角漬 \200-。これが\200-っていうのはお薦め。なかなか旨い。こないだとは味が違ってるけど…。

Gourmet090330_12

砂ずり \400-。新鮮な砂ズリは旨い。

Gourmet090330_13

ラムタレ \500-。羊の肉だけににおいが気になる。これだけは旨いとは言えへん。

Gourmet090330_14

ラムはよく焼いた。ちょっと焼きすぎで黒こげ。

Gourmet090330_15

テーブル2卓、座敷2卓。珍しく埋まってしもた。でも回転いいしカウンターで待つのもいい。実際、カウンターで待つ女の子2人組がおった。

Gourmet090330_16

お口直しに豚トロをいただく。\580-也。

Gourmet090330_17

ここの豚トロは旨い。いや、どれも旨い。ラムを除く。

Gourmet090330_18

鶏軟骨 \420-。歯ごたえが好き。

Gourmet090330_19

ホルモンをおかわり。とろけるホルモンは最高に旨い。

Gourmet090330_20

締めは石焼きピビンパ。定番やね。

Gourmet090330_21

まずは素で食べる。

Gourmet090330_22

コチジャンを大量に入れる。真っ赤っかになってしもた。旨そう。激辛…。

Gourmet090330_23

石焼きピビンパのスープは入れるのと入れへんのと別れるところ。少しだけ入れるのが通という。でも、ぱりぱりおこげを楽しみたいし入れへんかった。正解はあれへん。

2人でおなかいっぱい飲んで食べて\7,000-弱。「凡楽」より安いのはもちろん、「情熱ホルモン」より安い。この旨さでこの価格はかなり嬉しい。瀬田での焼肉は「寺やん」に決まり。でも、もう通うことはあれへんやろなぁ。

やき肉 寺やん
滋賀県大津市大萱1-19-19-102
077-544-2297
11:30-14:00, 17:00-23:00(木曜休み)
http://terayan.setacai.com/

|

« 『きこ』営業中? | トップページ | ガールズバーの行方 »