« 生キャラメル | トップページ | 朝の叫び »

2009年3月26日 (木)

『若狭殺人事件』

Book090326_01

『若狭殺人事件』を読んだ。

若狭の、「日向の水中綱引き神事」で浮いた死体は、極悪ブローカーやった。その1年後、東京の高島平で絞殺された小説家志望の細野は、若狭を舞台にした小説「死舞」を同人誌上で発表。それは盗作されたものやった…。その2人をつなぐのは…。

待望の浅見光彦シリーズ。でも、これは1度読んだことのある作品やった…。そんな気はちらっとしたものの、途中まで全然気づかへんかった。それほど印象に残る作品やなかったからかもしれん。内田作品のなかでは下位のほう。

若狭殺人事件、内田康夫

|

« 生キャラメル | トップページ | 朝の叫び »