« 冬から春へ | トップページ | 『陽気なギャングの日常と襲撃』 »

2009年3月20日 (金)

桜開花


京都地方気象台は3月19日(木)、サクラ(ソメイヨシノ)の開花を宣言した。1953年に統計を取り始めて以来、2002年の3月18日に次いで2番目に早く、平年より12日も早い。満開は1週間後を見込んでいる。

気象台によると、京都市内の最高気温は今年最高の23.9℃まで上がり、平年を10.5℃上回る5月中旬並みの陽気となった。南から暖かい空気が流れ込んだためで、最高気温の20℃突破は3日連続となった。

中京区の気象台にある京都の標本木のソメイヨシノは、午前中からつぼみが膨らみ15時前に五輪ほどの花が咲いているのを職員が確認した。今後1週間は雨の日もあり、最高気温は20℃に達しない見込みだが、それでも平年より暖かく桜の開花は一気に進みそうだ。

23日(月)と予想されてた桜の開花は4日も早まった。でも、まだ咲いてる桜は見かけへんなぁ。

|

« 冬から春へ | トップページ | 『陽気なギャングの日常と襲撃』 »