« あふれたエネルギー | トップページ | 工事中 »

2009年2月26日 (木)

九州新幹線、「さくら」に決定


2011年春の九州新幹線鹿児島ルートの全線開通で、新大阪-鹿児島中央間を約4時間で結ぶ直通列車の名前が「さくら」に決まった。

JR西日本とJR九州が2月26日(木)に発表した。80年前に日本で初めて特急につけられた愛称がよみがえった。名前は一般公募され、「さくら」は、16万8,951通のうち7,927通と最多。日本的な美を意識し、桜の木目をあしらった内装が特徴の車両のイメージにぴったりと重なった。

1929年、東京-下関間を走った特急が「櫻(さくら)」。戦後は、東京-大阪間の特急「さくら」として復活。その後、東京-長崎間を結ぶブルートレインで親しまれたが、2005年3月に利用者減で廃止された。

直通新幹線はN700系改良型で、薄く青みがかった流線形の車体が特徴。新型車両は山陽新幹線で走行中のN700系をベースにしており、新大阪と鹿児島中央駅間を現在の最短コースより約1時間短い約4時間で結ぶ。

「さくら」で応募した人が7,927人もおったのは驚き。その中のひとりでもある。いい名称やと思って応募したけど、同じ事考える人はいっぱいおったんやなぁ。

|

« あふれたエネルギー | トップページ | 工事中 »