« 『ニコレット』でニコチン中毒 | トップページ | 『ダブル・クォーター・パウンダー・チーズ』登場 »

2009年2月 6日 (金)

飯島愛、死因は「肺炎」


死因が「肺炎」だったことが明らかになった元タレントの飯島愛さん。高齢者ならともかく、36歳という若さで肺炎が命を奪う可能性はどれぐらいあるのか。専門医で女医でもある大阪厚生年金病院呼吸器内科医長の鈴木夕子医師に聞いた。

まず、36歳の女性が肺炎で死亡するのは「非常に珍しいこと」と語る鈴木医師。ただし、「肺炎の中でも間質性肺炎は若い女性でも悪化し、死に至ることもあります。一般的な細菌性肺炎などは、よほど免疫低下の状態でなければ、死に至ることはめったにありません」という。

また、「精神的につらい状況で食事もとらず、栄養状態も低下している時に、肺炎になり適切な治療を行わなければ死に至る可能性はあります。うつと肺炎に直接因果関係はないと思います。ただ、うつで免疫低下を引き起こすという報告はあり、同世代の(心が健康な)女性よりは免疫低下の状態にあった可能性はあります」と。

「病は気から」っていう様に、心の病が身体に与える影響も大きいってことか…。健康第一、3食きちんと食べて適度な運動を心がけたい。

|

« 『ニコレット』でニコチン中毒 | トップページ | 『ダブル・クォーター・パウンダー・チーズ』登場 »