« 3時就寝 | トップページ | 観劇後の食事 »

2009年2月 8日 (日)

『夢から醒めた夢』

Musical090208_01

「京都劇場」にやってきた。『夢から醒めた夢』を観るため。
毎日前を通ってる。

Musical090208_02

京都劇場のレッドカーペットを歩く。わざわざ歩くのはもちろんネタのため。

Musical090208_03

ばば混みなんは、ミュージカル客だけやなくて、セミナーの受付をしてたから。この時刻にこんなとこでせんでもええのに…。

Musical090208_04

京都劇場で観劇するのは、2006年9月の「アイーダ」以来2年5ヶ月ぶり。

Musical090208_05

エスカレーターを上がってホールへ向かう。かつて毎週のように通っただけによく知ったもん。

Musical090208_06

12時30分の開場直後だけにまだ人がまばら。上には『美女と野獣』が4月に京都劇場に帰ってくるという案内がある。また毎週通うことになりそう…。

Musical090208_07

劇場に入って一番にすることは、キャストのチェック。

Musical090208_08

本日のキャストは以下の通り。

ピコ 吉沢梨絵
マコ 苫田亜沙子
マコの母 白木美貴子
メソ 飯村和也
デビル 川原洋一郎
エンジェル 藤原大輔
ヤクザ 野中万寿夫
暴走族 韓盛治
部長 田中廣臣
老人 維田修二
老婦人 丹靖子
夢の配達人 天野陽一

吉沢さんは『マンマ・ミーア』のイメージが強い。会うのは『コーラスライン』以来やろか。苫田さんは知らん。ヤクザはやっぱり野中さんがベスト。夢の配達人に荒川さんか北澤さんを期待してたんやけど、天野さんやった…。エンジェルに藤原さんの童顔は合わへんような気がする。

Musical090208_09

女性アンサンブルは、南めぐみ、林初実、白澤友理、鈴木友望、中元美里、時枝里好、林香純、織田なつ美、鈴木真理子、森田真代、石塚智子。この中に1人知ってる人がいる。今日の観劇はその人に会うためでもある。

Musical090208_10

『夢から醒めた夢』はロビーパフォーマンスありき。このぼぉ~っとしたんは何者?

Musical090208_11

おばちゃんたちにまぎれて小人がたわむれる。記念撮影タイムやね。この公演は写真撮りまくり。スタッフに訊いてみたら「撮ってもいい」とのこと。これで堂々と撮れる。

Musical090208_12

仮面をかぶった怪物がやってきた。

Musical090208_13

マリオネットさばきはお手のもの。自分1人のためだけに遊んでくれた。こんなおっさん相手にしてくれるなんて…。このミュージカルは子ども向け。

Musical090208_14

2階S2席の最後列、2階席にやってきた。京都劇場は最低でも5列目までしか座ったことあれへんし、うろちょろしたことあれへんからこんなに上まで階段があるとは知らんかった。京都劇場は5階建てくらい?

Musical090208_15

最上階まで上がってきた。こんなに広い綺麗な通路があったのは知らんかったなぁ。

Musical090208_16

自動販売機の並ぶ休憩エリアがあった。これを知ってたら、ロビーで高いドリンク買わんで済むなぁ。20回以上通ってるけど、初めて知った。

Musical090208_17

\2,100-のC席からの眺め。こんなに上からやったらまた雰囲気違うやろなぁ。でも、キャストの表情はまず見えへんと思う。

Musical090208_18

突然、行列ができはじめた。何か始まるん?

Musical090208_19

子ども向けのボール投げ開始。子ども向けのパフォーマンスやのに、おばはんや20代の女の子がぎょーさん並ぶ。楽しい?子ども向けの遊びやと思うけど…。逆に子どもは全然並んでへんかった。

Musical090208_20

最上階から下を望む。何か賑わってるなぁ。

Musical090208_21

さっきの怪人とマリオネットのまわりに人だかり。

Musical090208_22

マリオネットが鉄琴で曲を奏でてた。なかなか旨い。

Musical090208_23

再びロビーに戻る。白黒ピエロがなにやら踊りを見せてた。

Musical090208_24

そこに怪物が現れた。この怪物は、劇中に出てくるんやろか?

Musical090208_25

3人の小人たちがハンドベルで綺麗な曲を奏でてた。拍手喝采。

Musical090208_26

弓道みたいなんやけど、これはダーツらしい。悪魔の指導でセンターに命中。

Musical090208_27

そしてここにも大人がぎょーさん並ぶ。子ども向けやって。ほんまに面白いん?対象年齢は3-4歳の幼児やと思うけど…。

Musical090208_28

ロビーのステージに待機する人だかり。

Musical090208_29

なにやら歩いて来ましたよ。

Musical090208_30

無言でタップをするダンサー。前半の主役となるふたり。

Musical090208_31

満面の笑顔が気持ちいい。

Musical090208_32

このふたり、何を目的にここで踊ってるんやろ…。

Musical090208_33

ふたたびロビーへ。小人が記念撮影のリクエストに応えてた。愛想いいね。

Musical090208_34

〝○○さん?〟

なんて声は掛けれへん。芝居中は完全に役になりきってる。

Musical090208_35

開演時刻5分前に着席。今回は3列目センター。『夢から醒めた夢』にはちょうどいい位置やろか。

開演前の白黒ピエロや小人たちのパフォーマンスは必見。

開演して、2時間の公演はあっという間に終わった。
2001年の公演と変わってたところがいくつかあった。

3人目の死んだ子どもの出身地が、「バルカン半島」から「パレスチナ」へ。メソの自殺の原因が、受験失敗からいじめへ。マコの候補者が、

長谷川町子 → 長谷川町子
大屋政子 → 夏目雅子
江角マキコ → 加賀まりこ
田中真紀子 → 田中真紀子
○○○○→ 浅田真央

ここらへんは、世相を反映してるみたい。

吉沢ピコは初めてやったけど違和感あれへんかった。苫田マコはイメージ全然違ったけど悪くはあれへんかった。

『夢から醒めた夢』はカーテンコールを引っ張りにくい構成やけど、5回もカーテンコールがあった。「もうやめて」って雰囲気満々やった。2年分くらい拍手したなぁ。

久しぶりのミュージカル観劇は心が豊かになった感じ。
また舞台熱が出てくるかもしれん。

|

« 3時就寝 | トップページ | 観劇後の食事 »