« 京都駅南口の広場整備、白紙へ | トップページ | 不況はポリシーをも狂わす »

2009年2月12日 (木)

イヌやネコの引き取り、有料化へ


京都府は、飼えなくなったイヌやネコの引き取りを、無料から有料に改めることにし、10日開会の2月府議会に関連条例案を提案した。飼い主に負担を求めることで、安易な飼育放棄を抑制するのが狙い。7月から1匹当たり \2,000-を上限に手数料を徴収する。

飼い主からの依頼があれば、府内(京都市除く)の保健所や市町村役場などを通じ西京区の府動物愛護管理センターで引き取っている。同センターで新たな飼い主を探すが、見つからない場合は殺処分する。センターへの搬入数(捕獲含む)は、2007年度でイヌ804匹、ネコ3,252匹で、うちイヌ693匹、ネコすべてが殺処分された。

1年間で3,252匹もの尊い命が奪われてる。殺処分って、毒殺?考えられへん…。猫の命を何やと思ってるんやろ…。不要になった人間も殺処分する?

|

« 京都駅南口の広場整備、白紙へ | トップページ | 不況はポリシーをも狂わす »