« ウェディングパーティーご招待 | トップページ | ホンダ、管理職の基本給5%削減 »

2009年2月 2日 (月)

浅間山噴火、各地で降灰


気象庁は2月2日(月)、浅間山が1時51分に山頂火口で小規模の噴火をしたと発表した。同庁は、今後も火口から半径約4kmの範囲で噴火による大きな噴石飛散の可能性があるとして警戒を呼び掛けた。

同庁によると、火口上空には噴火による噴煙が上がり、最大で約2,000mまで到達。噴煙は南東方向に流れ、長野県軽井沢町のほか、埼玉、東京、神奈川など関東南部の各地でも降灰を確認した。長野県軽井沢町では最大約2mmの降灰が確認されたが、長野県によると県内で被害の届けはないという。

同庁の観測では、噴火後に50cmを超える大きな噴石が飛び出し、火口の北約1kmまで飛散した。軽井沢測候所では、約7Paの空振を観測した。2004年の中規模噴火では、205.5Paを観測している。

日を同じくして、桜島の噴火警戒レベルが2から3に引き上げられた。昭和火口で爆発的噴火が相次いでいるという。地球が突然元気になってきた。人間に対する自然の怒り爆発か?富士山噴火も近い?

|

« ウェディングパーティーご招待 | トップページ | ホンダ、管理職の基本給5%削減 »