« 2時間の作業が一瞬で… | トップページ | 「おくりびと」、2日で \9,500万 »

2009年2月25日 (水)

レーシックで67人感染症


東京都中央区保健所は2月25日(水)、中央区の銀座眼科で、レーザー光線を使って近視を矯正するレーシック手術を受けた患者639人のうち、18歳から66歳の男女67人が、感染性角膜炎や結膜炎を発症したと発表した。2人が入院し、19歳の女性は家族によると、失明の恐れがある重症という。ほかの患者の容体は調査中で、溝口院長は「今後、角膜移植が必要な患者が出る可能性もある」としている。

保健所や溝口院長によると、最初の感染が見つかったのは2008年10月。以降も感染報告が相次いだが溝口院長は治療を続け、今年2月までに67人が感染。同眼科が1月20日頃、治療機器を消毒する機器を入れ替えたところ感染がなくなったという。保健所は消毒機器の衛生管理や、医師の手洗いが不適切だったことなどが原因とみて調べている。

溝口院長によると、同眼科は平成18年8月に別の眼科を引き継いで開院。消毒機器もその際に引き継ぎ、消毒やメンテナンスは一度も行っていないという。患者からの通報を受けた保健所が2月に立ち入り調査を行うまで同眼科から報告していなかった。溝口院長は「深くおわびします」と謝罪。報告が遅れたことについては、「試行錯誤すればよくなると思った。不徳の致すところ」と語った。感染者に対しては治療費を支払うなどして対応するという。

レーシック手術については、日本眼科学会がガイドラインで、講習会を受けた眼科の専門医を術者の条件としているが、溝口院長は講習会などを受けてはいないという。

こんなずさんな眼科医を放置しててええんやろか…。レーシックの危険性はまだまだゼロではあれへんらしい。この眼科医に対する制裁はもちろんあるんやろなぁ。

|

« 2時間の作業が一瞬で… | トップページ | 「おくりびと」、2日で \9,500万 »