« 祇園から先斗町 | トップページ | やきいも「丸寿商店」 »

2009年1月11日 (日)

『sno:la 京都』

Gourmet090111_12

河原町蛸薬師交差点にやってきた。

Gourmet090111_13

西北角にあるのが、『sno:la(スノーラ) 京都』。
sno:la は、ビバリーヒルズに登場したフローズンヨーグルト専門店。人工甘味料、精製白糖、化学添加物を一切使用してないのが特徴。さらに、環境に徹底した店舗と商品づくりで、容器やスプーン、テーブル、イスなども全てリサイクル製品というこだわりよう。ビバリーヒルズの他、サンタモニカに続く日本(アジア)初出店。東京よりも先に京都に上陸したのが不思議。10月10日には梅宮アンナも来店し、blogで宣伝されてた。

Gourmet090111_14

店内には若い女の子が4人もいて、試食を薦められる。一番人気のドルセ・デ・レッチェ、ザクロ、そして新発売のパンプキン。特に食べたいもんもあれへんかったし、この3種類をオーダー。試食に使用したスプーンはそのまま使って欲しいと持たされたままやった。環境負荷低減に対するこだわりは徹底的。

Gourmet090111_15

いきなりやと何をオーダーしたらええか迷うことになる。基本フレーバーが6種類、ソースやトッピングが32種類もあるし。カウンター上にお薦め商品があるし、それを選択するのも手。ミディアムサイズにトッピングとソースで \680- くらい。フレーバーのサイズは、small (130g) \360-、medium (180g) \420-、large (260g) \580-、family \820- の4種類。アンナが食べてたのは、family サイズ?

Gourmet090111_16

お店奥のかなり急な階段を上がって、30席あるという2階のラウンジに移動。狭っ。
1テーブル除いて満席状態。事前に席取りしといたほうがええね。テイクアウトも始めたらしい。丸イスはほんまにダンボールでできてた。

Gourmet090111_17

ザクロ、small、トッピングなし。ほんまに自然の甘みだけ?めっさ甘かった。そして自然な甘さ。まるでシャーベットみたいに後味もいい。

Gourmet090111_18

パンプキン、small、ミックスナッツ。これもなかなか旨い。とっても自然な味わい。

Gourmet090111_19

ドルセ・デ・レッチェ、small、チョコチップ。なんて表現したらええんかわからん味。百聞は一食にしかず。これは食べてみなわかれへん。一番人気なだけあって旨かった。

お店のつくりはいまいちやけど、ここのフローズンヨーグルトは女の子ウケすると思う。次々とお客さんが入ってきてたのもわかる気がする。店内で食べるよりテイクアウトがお薦め。でも、この付近はゆっくり食べれるところあれへんなぁ…。また行こっと。

sno:la 京都
京都市中京区河原町通三条下ル奈良屋町303
075-212-7839
12:30-21:30(年中無休)
http://www.snola.co.jp/

|

« 祇園から先斗町 | トップページ | やきいも「丸寿商店」 »