« トヨタ、リコール 52万台 | トップページ | 粋なカタログ »

2009年1月28日 (水)

大分大学、入学金免除


大分大学は1月28日(水)、保護者が職を失うなどして経済的に苦しい今春の新入生の入学金28万2,000円を全額免除すると発表した。羽野学長は「経済的な理由で優秀な生徒が進学を断念することのないようにしたい」と話している。

対象は昨年9月以降に保護者が失職や事業倒産に遭った入学者で、手続きには解雇通知などの証明書類が必要。上限は学部と大学院で計40人。授業料(年間53万5,800円)の免除など既存の奨学制度と併用できる。同大には入学金の免除制度は別にあるが、今回は経済的支援の側面がより強いため、入学試験の成績などは問わない。大分大の2009年度の入学定員は学部と大学院合わせて1,357人で、学部の前期日程の合格発表は3月6日。

入学金免除で優秀な学生が集まるやろか…。

|

« トヨタ、リコール 52万台 | トップページ | 粋なカタログ »