« オバタリアンの強さ | トップページ | 『Noriyuki Makihara Christmas Concert '08 -PLAY for PRAY-』 »

2008年12月25日 (木)

掛布、自宅差し押さえ


プロ野球阪神タイガースの元内野手で、野球解説者の掛布雅之さんが、豊中市内の自宅を一時、市に差し押さえられていたことが12月25日(木)わかった。市税などの滞納があったとみられる。今月初めに差し押さえは解除されたが、飲食関係の事業の失敗などもささやかれており、元ミスタータイガースの苦しい台所事情が浮き彫りになった格好だ。

関係者によると、豊中市が掛布氏の自宅を差し押さえたのは11月14日。固定資産税や住民税などの滞納があったとみられるが、その後支払いに応じたため、今月に入って差し押さえは解除されたという。差し押さえられた豊中市内の自宅は、車が好きな掛布氏らしく、4, 5台が駐車できるガレージを備えた「豪邸」として知られている。

掛布氏は千葉・習志野高校時代に甲子園に出場し、昭和49年にドラフト6位でタイガースに入団。54年に48本塁打で本塁打王となり、以後“不動の4番打者”として活躍。60年にはチームのリーグ制覇、日本一の原動力となり、「ミスタータイガース」として虎ファンに愛された。63年に現役引退後、大阪を拠点に野球解説者やテレビタレントとして人気を誇ったが、最近は飲食業関連の事業などに失敗、巨額の借金に苦しんでいたという。親しい関係者は「最近はホームページも接続不能状態」と心配していた。

ミスタータイガースの名前も、今や過去の栄光?差し押さえってことはかなり切羽詰まってるんやろなぁ。誰もが事業に成功するわけやあれへん。たとえ有名人でも。

|

« オバタリアンの強さ | トップページ | 『Noriyuki Makihara Christmas Concert '08 -PLAY for PRAY-』 »