« 骨髄移植、2009年2月以降困難に | トップページ | 理容師と美容師 »

2008年12月20日 (土)

ポラロイド、破綻


特殊フィルムを用い、撮影後すぐに画像が見られるインスタントカメラで一時代を築いたポラロイドが米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破たんしていたことが12月20日(土)判明した。リストラを加速し早期再建を図るのが目的としている。負債額は不明。同社は経営の悪化について、2005年に同社を買収した投資会社ペターズ・グループ・ワールドワイドが不正疑惑で取り調べを受けた結果だ、とも説明。ポラロイドは買収前の2001年にも同11条の適用を申請し、経営破たんした。現在は、液晶テレビやデジカメなどを生産している。
ポラロイドのインスタントカメラ事業撤退で、医療分野などでは富士フィルムが一気にシェアを伸ばした。富士フィルムの1人勝ち。

|

« 骨髄移植、2009年2月以降困難に | トップページ | 理容師と美容師 »