« 冷たい水 | トップページ | 雪景色 »

2008年12月25日 (木)

マクドが「クォーターパウンダー」騒ぎにサクラ雇用

News081225_02


日本マクドナルドの新作ハンバーガーの近畿先行販売が御堂筋周防町店で始まった12月23日(火)に、同社が雇ったアルバイトが行列に加わり商品を購入していたことが12月25日(木)に判明した。客の長蛇の列が話題になり、同社はこの日の同店の売上高が1店舗としては過去最高を記録したと発表していた。同社は「意図的に行列をつくるつもりはなかった」と説明しているが、消費者らからは作為的な話題作りとの声もあがっている。

先行販売されたのは、ハンバーガーのビーフパティが従来の2.5倍になった新商品「クォーターパウンダー・チーズ」。12月23日にプロゴルファーの上田桃子さんらを招き大々的にPR。店前には徹夜組も含めた長蛇の列ができ、1日で約1万5,000人が来店、1店舗の店舗売り上げ高としては過去最高の1,002万円を記録したと発表していた。

同社の説明によると、アルバイトは同店のサービス内容やこの商品に対する客側の反応を調査する目的でマーケティング会社に依頼。この会社が大手派遣会社「フルキャスト」に、キャンペーンスタッフの名目でモニター募集を要請していたとしている。フルキャストが行ったアルバイト募集は「楽チン!新商品を並んで買って、食べるだけのお仕事!」とし、新商品発売に伴い、支給されたプリペイドカードで、飲食店で商品購入を行う内容。雇用されたアルバイトは約1,000人で、このうち約300人がハンバーガーの味や接客などに関して5段階で評価するアンケートに答えていた。時給は1,000円だったという。日本マクドナルド・コミュニケーション部は「モニタリングは“サクラ”ではなく、故意に来店者数を操作する意図はなかった。1,000人分の売り上げは50万円ぐらいなので、それを差し引いたとしても、過去最高の記録は覆らない」としている。

マクドがこんな汚いやり方をするとはな~。この企業に対する評価は大暴落やろな。せっかく業績伸びてきてたのに、ここから倒産に追い込まれるか?

|

« 冷たい水 | トップページ | 雪景色 »