« 非常事態宣言 | トップページ | うまい話 »

2008年11月19日 (水)

USB 3.0 仕様決定


USB仕様の策定を進める標準化団体「USB Implementers Forum(USB-IF)」は11月17日(月)、データ転送スピードを高速化した次世代のUSB規格「USB 3.0」の最終仕様を発表した。USB-IFの会長で米国Intelのシニア・テクノロジー・ストラテジストのジェフ・レイバンクラフト(Jeff Ravencraft)氏は、カリフォルニア州サンホゼ市で開催中されたイベント「SuperSpeed USB Developers Conference」においてUSB 3.0の仕様を発表した。「SuperSpeed USB」とも呼ばれる新規格では、デバイス間の転送スピードはUSB2.0の10倍近く高速化するという。

USB2.0の転送速度は、現在出回っているデバイスで利用するには十分なスピードを達成している。だが、レイバンクラフト氏によれば、デバイスがより小型化し、動画などマルチメディア・アプリケーションの利用が増加する将来に向けて、さらに高速な転送速度を実現するUSB 3.0が必要になったという。例えば、フラッシュ・ドライブから1GBのデータをホスト側に転送する際、USB 2.0では33秒かかるが、USB 3.0ではわずか3.3秒で転送が完了するという。つまり、映画1本分のデータを、USBドライブからPCに転送する時間が1分以下になる。しかし、実際に行われたデモでは、データ転送レートは約3Gbpsにとどまり、USB-IFが主張する最大スピードの5Gbpsを下回った。

どんどん進化することは嬉しいこと。あとはコストがどれだけ下がるかやね。

|

« 非常事態宣言 | トップページ | うまい話 »