« 真冬の天気 | トップページ | 死ぬ気で »

2008年11月19日 (水)

「社会的常識欠けた医者多い」


麻生太郎首相は11月19日(水)、首相官邸で開かれた全国知事会議で、地方の医師不足問題に関連し、「地方病院での医者の確保は、自分で病院経営しているから言うわけじゃないが大変だ。社会的常識がかなり欠落している人(医者)が多い。とにかくものすごく価値観が違う」と述べた。

首相の発言は、地方病院の勤務医不足を問題視したものだが、今後波紋を呼びそうだ。日本医師会などが反発する可能性もある。また、首相は「小児科、婦人科が猛烈に問題だ。急患が多いところは皆、(医師の)人がいなくなる」と指摘。産婦人科などに対する診療報酬加算などの対応が不十分であるとの認識を示した。


〝お前の方が社会的常識欠けてる。お前に言われたくない。〟

そう思った医者はぎょーさんおるやろな。
誰がこんな奴を首相にしたんや…。

|

« 真冬の天気 | トップページ | 死ぬ気で »