« 御陵散策 | トップページ | ガソリン、下げ止まらず »

2008年11月15日 (土)

クルム伊達、16年ぶりの優勝

Tennis081115_01


11月15日(土)、東京、有明テニスの森公園で行われた全日本選手権テニス女子シングルス決勝は、今季現役に復帰したクルム伊達公子が21歳の瀬間友里加に6-3、6-3で快勝し、1991, 1992年に2連覇して以来16年ぶり3度目の日本一に輝いた。38歳での頂点は、1963年に41歳で8連覇した宮城黎子に次ぐ、戦後2番目の年長優勝となった。

元世界ランキング4位のクルム伊達は今春、12年ぶりに現役復帰し、ツアー下部大会などで活躍した。世界ランク198位、第7シードで挑んだ今大会、決勝でも持ち味の速いテンポのストロークで序盤から第9シードの瀬間を圧倒した。

クルム伊達は、「38歳という数字は隠せないが、12年のブランクの大きさをこの半年で感じた。ここまでやれて十分だと思う」と語った。

さすが世界の伊達。弱い杉山を倒して全豪での活躍に期待。

|

« 御陵散策 | トップページ | ガソリン、下げ止まらず »