« 『大観峰』 | トップページ | 『男池』 »

2008年10月16日 (木)

「やまなみハイウェイ」

Journey081016_31

「大観峰」から「やまなみハイウェイ」に戻る。阿蘇から湯布院まで信号がほとんどあれへん、最高のドライブロード。かつて有料道路やったけど、90年代後半に無料化された。北海道をのぞけば、日本で最も景色のいい道やないやろか。

Journey081016_32

瀬の本の交差点にやってきた。ここには「瀬の本レストハウス」というドライブインがある。熊本方面から大分に向かってきて、この交差点を左折すると黒川温泉、直進すると湯布院、右折すると赤川温泉、くじゅう花公園へと抜けれる。

当初の予定では、「赤川温泉」でゆっくりしていくつもりやったんやけど、時刻はまだ8時すぎ。こんな時刻に温泉入りに来られても迷惑やろうと断念した。仕方なく、直進を決めた。

Journey081016_33

本日3度目の雲海に出会う。

「八丁原地熱発電所」にも行きたかったんやけど、時刻が早すぎた…。

Journey081016_34

牧ノ戸峠にやってきた。ここは久住山の登山口で、標高1,330mもある。ここからは1度だけ登ったことがある。それも最近。「なかこおん第二の世界」に載せた記憶があるから、確か3年前やと思う。ハイキング気分で登れる山。大分県最高峰。

Journey081016_35

「牧ノ戸峠」から山を下って「長者原」にやってきた。

Journey081016_36

小さい頃、毎年のようにここから登山してた。この登山口から坊ヶ鶴に登り、そこから平治岳、大船、久住山中岳と登れる。

Journey081016_37

下山して、この休憩所の温泉で汗を流すのが定番やった。

Journey081016_38

再び「やまなみハイウェイ」を走る。見渡す限りの直線。60km/h制限やけど、実際は80km/hくらいで流れてて、文字通りハイウェイになってしもてる。パトカーもおれへんし、ねずみ取りもやってへんし飛ばし放題。でも、あんまり事故の話は聞かへんなぁ。

Journey081016_39

延々と直線が続く。アップダウンは適度にある。

Journey081016_40

休日はかなり車多いけど、平日の朝やから?全然車走ってへんなぁ。

Journey081016_41

このまま直進して、水分峠から湯布院に抜けてもええんやけど、ちょっと寄りたいところもあるし、飯田高原の反対側に右折した。すると細い山道になる。ちなみに、左折したら世界一の吊り橋として有名になった「九重〝夢〟大吊橋」がある。
ここは、「やまなみハイウェイ」が有料やった時代、無料で通過できる抜け道やった。今ではほとんど車は走らへん。
細い山道は血が騒ぐ。ライト点灯。もちろんハイビーム。

|

« 『大観峰』 | トップページ | 『男池』 »