« 男児誕生 | トップページ | 『芋かりんと』 »

2008年10月12日 (日)

『海鮮処 平家』

Gourmet081012_40

母が絶賛する『海鮮処 平家』にやってきた。

Gourmet081012_41

ちょっと前までは「あもーれ平家」という名称で、夜はバイキング形式やったお店。このお店、実は来たくないお店。対応悪いし、高いだけのイメージが強い。

Gourmet081012_42

雰囲気はいいかもしれん。座る場所によっては海が見える。真っ暗の…。

Gourmet081012_43

テーブルはガラガラ。3連休の中日、しかも食事時。これだけで理解できる。何が?

Gourmet081012_44

見渡す限り空席。こんだけ見晴らしのいいお店も珍しい。

Gourmet081012_45

でも、お客さんがいた痕跡は残ってる。残してる?

Gourmet081012_46

「ご予約席」ってたいそうやなぁ。こんなお店予約する必要あれへんし。まず、メニューが出てくるまで10分待ち、何度もブザー鳴らしても無視。そしてドリンクが出てきたのは入店から20分後。あまりに対応悪い。あぁ、帰りたい。「焼き鳥が食べたい」っていう希望は完全に無視されてた。

Gourmet081012_47

35分待って、一番に出てきた定食。「おすすめ御膳」やったかな。\1,300-也。これがいちばんまともやったね。寿司は旨かった。あとはいまいち。サラダは苦い。

Gourmet081012_48

スタッフは3人。えらい少ないなぁ。そして全然まわってへん。インスタントの味噌汁作るのに必死の形相。スタッフ走り回るのは飲食店とは思えへん。

Gourmet081012_49

メインの海鮮蒸しは、石焼きスタイル。

Gourmet081012_50

この海鮮蒸し、2人前で\5,000-。\500-の間違いかと思った。

Gourmet081012_51

水を入れてお椀で蓋をする。半分蓋開いてた…。適当やなぁ。

Gourmet081012_52

この海鮮蒸しが\5,000-。ありえへんし。

Gourmet081012_53

「ゴボウとにんじんがとっても甘くておいしい」とのことやったけど、全然甘くあれへんかった。しかも、カニはすかすか。アワビもいまいち。何これ?

Gourmet081012_54

この「蛸のから揚げ」は\700-。はぁ?しかも3つしかあれへんやん。

Gourmet081012_55

「げそのから揚げ」も\700-。ありえへん。こんなん\350-でも高いくらい。

Gourmet081012_56

何度もオーダーを確認させて、やっと持ってきた「黒豚サラダ」。これが\1,000-。もう詐欺やね。

Gourmet081012_57

「もういらん」って言ったのに持ってきよった「エビしゅうまい」。これは\500-。手間賃考えたら価格相応?

Gourmet081012_58

一番はじめにオーダーした「刺身盛り合わせ」。\2,500-はそんなもんかもしれん。でも食べれたもんやなかった。特にマグロは真っ黒で、ばりばりの解凍もん。こんなに水っぽいマグロ初めて食べた。こんなんで「海鮮」って笑える。本家の「割烹 平家」ももしかしてこのレベル?

Gourmet081012_59

入店時に残してあった前の客のお皿がまだ放置してあった。こりゃお客さん入らへんわ…。というより、つぶれるやろなぁ。これまで経験した飲食店の中で味わったことのないくらいの最低なお店やった。こんな店を営業させといてええもんやろか?

他のお店に口直しに行こ。

海鮮処 平家
大分市西大分ウォーターフロント倉庫街
097-535-2100
11:30-14:00,17:30-22:00(第2,4月曜休み)
http://www.heike.jp/

|

« 男児誕生 | トップページ | 『芋かりんと』 »