« 竹内まりや、首位獲得 | トップページ | 久しぶりの終電 »

2008年10月 7日 (火)

ノーベル物理学賞受賞


スウェーデン王立科学アカデミーは10月7日、2008年のノーベル物理学賞を、現在の宇宙が生まれて存続するために不可欠な「対称性の破れ」と「標準理論」などの研究で、京都大名誉教授で京都産業大教授の益川敏英氏と、京大にも在籍した高エネルギー加速器研究機構名誉教授の小林誠氏、米シカゴ大名誉教授の南部陽一郎氏に授与すると発表した。日本人のノーベル賞受賞は2002年の田中耕一島津製作所フェロー(化学賞)に続き計15人目で、日本人の共同受賞は初めて。
田中さんが受賞したのは2002年って、もう6年前?月日が経つのはほんまに早いなぁ。田中さんは相変わらず多忙な毎日を送ってるんやろか…。

|

« 竹内まりや、首位獲得 | トップページ | 久しぶりの終電 »