« 悪役同士 | トップページ | 錦織、ベスト8逃す »

2008年9月 2日 (火)

セラミック包丁の切れ味

News080902_01

8年間愛用したセラミック包丁が欠けて、その代替としてまたセラミック包丁を使うことにした。研ぐ必要あれへんだけやなくて、ずっと使えるのが利点。よく見ると刃先はボロボロに欠けてた…。新たな黒包丁もセラミック製。その切れ味は、やっぱり新品のほうが格段によかった。セラミックでも定期的に研がへんとあかんのかなぁ。メーカーから無料の研磨券がついてくる。でも使ったことはあれへん。

News080902_02

一回り大きな黒いセラミック包丁。「KYOCERA」と大きなロゴが入ってる。ここら辺の応用商品は、半導体など純度が高いものを作るための工業用セラミックスのできそこないから作られてるのは有名な話。
慣れへん間は自分の指を切らへんよう気を付けよう。

|

« 悪役同士 | トップページ | 錦織、ベスト8逃す »