« 大雨 | トップページ | バラバラ遺体は千葉県の女性 »

2008年9月 3日 (水)

『うまコク大将 瀬田店』

Gourmet080903_01

ポトスビルにやってきた。「じん吉」の上、4階にある『うまコク大将 瀬田店』を目指して。このビルに来るのはかなり久しぶり。

Gourmet080903_02

止まりそうなエレベータで4階へ。4階には『うまコク大将 瀬田店』とスナックが1件入るのみ。このビルでエレベータに乗ったのは初めて。

Gourmet080903_03

22時30分ラストオーダーということで、ギリギリセーフで間に合った。

ガラガラやん…。

流行ってそうな気配があれへん。

Gourmet080903_04

カレー屋に座敷、違和感あるなぁ。

Gourmet080903_05

まるでマンガ喫茶のようにマンガがぎょーさんある。この棚、地震来たら一発で崩れるやろな。しかも店員はずっとマンガ読みっ放し。考えられへん…。

Gourmet080903_06

メニューを確認。チャレンジメニューの破格値の他は、\750-から\1,250-といたって普通のメニュー。65dB以上の声で「旨い~っ」と叫んだらウーロン茶 \300-がサービスされるらしい。どこで測るんやろ…。

Gourmet080903_07

「デスソースカレー」がありましたよ。お店に入るなりメニューも見ずに注文した。

〝えっ、本当にいいん?〟

- ええ

〝辛いの好きなん?かなり辛いらしいよ〟

- ええ

ちょっと太めの女性店員、なんでいきなりタメ口なんやろ…。

それは置いといて、かなり辛いらしい。その他にも、1kg超えの巨大ハンバーグに600gのライス「ドメガハンバーグカレー」 \4,500-や、「ハンバーグとチキンカツのメガミルフィーユカレー」 \2,200-がある。「デスソースカレー」は\500-。えらい安いな~。

Gourmet080903_08

この「デスソースカレー」は、滋賀県のクーポンフリーマガジン「Chekipon(チェキポン)」で偶然見つけた。チェキポン持参でウーロン茶のサービスあり。

Gourmet080903_09

豚骨カレーで有名らしいけど、この「デスソースカレー」は、4万9,220スコヴィル(タバスコの23倍)という地球上で1, 2位を争う辛さのサドンデスソースを小さじ4分の1程度使用してるらしい。どんだけ辛いねんっ。これは挑戦せなあかんやろ~。\500-という安さにも惹かれた。

Gourmet080903_10

電子レンジで温める音を聞いて出てきた「デスソースカレー」。写真では分かりづらいけど、このルーはかなり赤い。真っ赤っか。

Gourmet080903_11

凄まじい辛さを想像しながらちょっとだけルーを味見。あれっ…。

Gourmet080903_12

何これ…。全然辛くあれへんし。

Gourmet080903_13

あっさり5分もかからず食べてしもた。全然辛くあれへんかった…。「さんこう軒」の「地獄ラーメン」の足もとはおろか比較にもなれへんくらい。鼻水どころか汗の一滴も出んかったね。これのどこがデスソース?「激辛好きがむせび泣くほど辛い」というサドンデスソース、ほんまの辛さを求めるなら大さじ3杯くらい入れんと辛くならんのとちゃう?かなり期待ハズレやったな~。

〝どうでした?〟

- 全然辛くなかったですよ~。あなたとは違うんです。

かなり欲求不満でお店を後にした。「カレーが無くなり次第終了」ってあるけど、これだけ空いてたら絶対なくならへんやろな~。

うまコク大将 瀬田店
大津市一里山1-2-12
ポトスビル4F
077-543-3296
18:00-23:00(火曜休み)

|

« 大雨 | トップページ | バラバラ遺体は千葉県の女性 »