« 電波時計の罠 | トップページ | 『カリタ コーヒーミル KH-5』 »

2008年9月20日 (土)

『悪の戴冠式』

Book080920

『悪の戴冠式』を読んだ。

従業員のボーナス、2,000万円をタクシーに置き忘れたことから始まる物語。その局面は意外な展開となる。プロローグと本編が全く別物になってる構成はどうかと思う。そして、必ず出てくる火災で逃げ遅れる場面。もしかして、森村誠一は幼い頃に火災で親を亡くした過去があるんやろか?そんな風にさえ思える。保険Gメンと呼ばれるアジャスター千野の仕事ぶりが面白い。

悪の戴冠式、森村誠一

|

« 電波時計の罠 | トップページ | 『カリタ コーヒーミル KH-5』 »