« 広告の効果 | トップページ | 連日の散歩 »

2008年9月21日 (日)

トラクションコントロール

大雨が降ってレールが濡れてると、鉄の車輪とレールの摩擦係数は目に見えて下がる。そしてそれは制動距離を伸ばすだけやなくて、発車時に車輪の空転も引き起こす。最近の電車は、車と同様にトラクションコントロールが使われてるらしく、車輪が空転するとすぐにそれを抑える機能が働く。JR琵琶湖線では221系と新型の223系が走ってるけど、使われてるトラクションコントロールの性能は互角。反応の鈍さから電子制御やなくて機械式か油圧式やと思われる。電車はオン・ザ・レールで車輪が滑ってもコントロール失うわけやあれへんからそれなりの性能しか求められてへんのやろな。でも、新幹線はやっぱり最新の電子制御やと思う。新幹線は日本の技術の結晶。0系ラストランイベントには絶対行きたい。

|

« 広告の効果 | トップページ | 連日の散歩 »