« ありのままの自分 | トップページ | 台風一過 »

2008年9月19日 (金)

500万携帯誕生

News080919


Nokia傘下の携帯電話メーカー「VERTU」(ヴァーチュ)が、ブランド10周年を記念した新モデル「New Signature Collection」を発表した。ステンレススチール(160万円)、イエローゴールド(450万円)、ホワイトゴールド(500万円)の3モデルがラインアップされ、この12月にも日本で発売することを明らかにした。

VERTUはNokiaに所属する独立部門として1998年に設立された携帯電話メーカー。12月にも銀座に旗艦店をオープンする予定で、同店を通じてNew Signature Collectionを発売するという。通信キャリアはNTTドコモ、ソフトバンクモバイルの2社と協議中であるとし、VERTUの特徴であるコンシェルジュサービスについては、提供することのみが決まっており、詳細や料金体系はこれから決定する予定とのこと。

New Signatureは、フロントフェイスを「サファイヤの海」と呼ばれるサファイヤクリスタルで覆い、ダイヤルキーに合計4.75カラットのジュエルベアリングを採用するなど、厳選した素材のみで作られた高級携帯電話。フロントの各所にゴールド素材を使っており、電子機器として唯一、スイス・アッセイ・オフィスのホールマークが入っている。すべての組み立て工程を、マスタークラフツマンの称号を持つ1人の専属職人が担当し、完成した端末の1台1台にサインが刻まれる。端末の側面には「コンシェルジュキー」が用意され、ワンプッシュでVERTUコンシェルジュに接続。顧客の要望に、世界中どこからでも24時間体制で応じる。

こんな電話、買う人おるんやろか…。
100台売れたとしても企業として利益が出るんか疑問やね。ただ、付加価値は大きいと思う。

|

« ありのままの自分 | トップページ | 台風一過 »