« α-9xi との再会 | トップページ | 日照り »

2008年8月10日 (日)

うつ、大流行の兆し


「新型うつ病」なるものが蔓延してるという。クリニックの予約を取ろうとしても患者が多すぎ、新患は3ヶ月も待たされる場合もあるそうだ。仕事中にだけうつになり、会社の外では元気、というのが特徴で、若い世代に目立つというこの「新型うつ病」は、なぜ増えているのだろうか。

これまでの「うつ病」といえば、几帳面でまじめな人がかかりやすく、落ち込み、自分を責め、自殺に至るケースが多いというイメージだった。しかし、2007年から急激に増えだしたとされる「新型うつ病」は、仕事中だけうつで、帰宅後や休日は普段通り活発に活動する。自分を責めるのではなく、身近な人間や社会に対して攻撃的な態度になり、休職したとしても会社や同僚かける迷惑などあまり感じない、というのが典型らしい。


おるおる、こんなん身近におる。これって、ただ甘えてるだけやん。症状がはっきりしてるわけでもあれへんし、言ったもん勝ちやね。よし、明日から「新型うつ病」になろう。

|

« α-9xi との再会 | トップページ | 日照り »