« ひさしぶりの『一銭』 | トップページ | 8月の教え »

2008年8月 8日 (金)

ピニンファリーナ、事故死


フェラーリなどのデザイン開発・設計を手がけるイタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナのアンドレア・ピニンファリーナ会長兼社長が、イタリア時間の8月7日朝、トリノで交通事故のため死亡した。51歳だった。

アンドレア・ピニンファリーナ会長は午前8時過ぎ、灰色のベスパ・スクーターに乗ってモンカリエリの自宅からカンビアーノの研究センターに出勤途中、78歳の男性が乗る赤のフォード・フィエスタと衝突。路上に投げ出された。会長は近くの病院に運ばれたが死亡が確認された。

目撃者によると、当時現場で荷おろしをしていたトラックで視界が悪かったという。


またセレブがバイクで事故死。バイクの危険性がまた問われることになるやろうけど、78歳のご老人に免許を持たせることの方が異常やと思う。惜しい人を亡くしたなぁ。

|

« ひさしぶりの『一銭』 | トップページ | 8月の教え »