« 高所作業 | トップページ | 努力 »

2008年8月 1日 (金)

『浅見光彦殺人事件』

Book080731

『浅見光彦殺人事件』を読んだ。

巻頭に作者からの注意書きがある。

この本は、「浅見光彦シリーズ」を三冊以上お読みになった以外はお買いにならないで下さい。

やって。その意味は読むと分かる。母をガンで亡くし、続けて不審な死を遂げた父。残された娘に積極的に接近してきた浅見光彦。これまでの作品とはちょっと違う雰囲気。その理由は…。
かなり意外性があったけど、それがどこにあるのかはすぐに気づくと思う。ただ、最後まで面白みがあれへん作品。たまには正当派の作品を読んでみたい。

浅見光彦殺人事件、内田康夫

|

« 高所作業 | トップページ | 努力 »