« お前のせい | トップページ | 本質安全とは »

2008年7月21日 (月)

お三度参り

Shrine080721_01

「萱野神社」にやってきた。3日連続、お三度参り。

「お三度参り」とは?


お三度参りは、願いを叶えてもらおうとする仏さまや神さまに、3回お参りして祈願することです。同じ願い事で、3回を1セットとして何回も繰り返す場合もあります。平安時代の末頃から始まったと言われています。

回数を重ねることで仏さまと顔なじみになり、信仰心の篤さと願いの切実さを訴えてご加護を得る、という考え方です。これから発展して、交渉事などでも「お三度参り」とか「お三度を踏む」という表現が使われます。

しかし、回数を重ねることは、本来別のところに意味があります。まず、回を重ねることによって、無駄がなくなり洗練されます。お参りは雑念を持たずに、一心に祈ることが大切です。回を重ねればすぐに精神統一することが上手になるでしょう。

また、回を重ねることで今まで気づかなかったことに気づきます。お三度は修行の一形態なのです。したがって、単に回数をこなせば良いのではなく、一回を大切に参拝しなければなりません。

お三度は通常、参道の入口から本堂までの間を往復します。三度石があればそこを基点として本堂までを往復します。



ちなみにこれは、「お百度参り」の説明。
実際のところ「お三度参り」なんてもんはあれへん。

Shrine080721_02

きのうに較べたらかなり涼しげな境内。まだ時刻が早いから?それだけやないと思う。今日はあいにくの曇り空。でも、曇り空でも紫外線は変わらず降り注ぐ。

この絵は貴船神社にちょっとだけ似てる。

|

« お前のせい | トップページ | 本質安全とは »