« 夏バテ | トップページ | わすれもの »

2008年7月13日 (日)

わずか2日間の大分

Journey080713_02

16時20分、大分駅にやってきた。0泊3日の弾丸ツアーも終盤。

Journey080713_11

JR改札をくぐる。帰りもレッズのサポーターに会うやろか。

Journey080713_03

5番ホームにやってきた。さびれた南口には高架化中のホームが見える。高架化工事始めたんはいつやったかなぁ。かなり長いこと工事してる気がする。

Journey080713_04

16時43分大分発東京行き寝台特急富士が5番ホームに入ってきた。上りは京都駅に停まらへんしこれには乗れへん。レッズのサポーターは昨日帰ったんかな。

Journey080713_05

行きは手ぶらでも、帰りは必ず荷物が増える。と言ってもパンを持たされただけ。

Journey080713_06

16時40分大分発博多行きソニック46号が4番ホームに入ってきた。885系白いソニックですよ。これに乗るために敢えて乗り継ぎの悪い電車を選んでる。

Journey080713_07

2001年にできたとは思えへんほどまだ斬新さが残ってる。綺麗な電車に乗るのは楽しい。883系青いソニック?興味あれへんし。指定席やしゆっくり写真撮りながら観察できる。ほんまJR九州って太っ腹やと思う。

Journey080713_08

和を醸しだしてる雰囲気も好き。座席スペースを縮小してまで確保したこの無駄なスペースに感心する。

Journey080713_09

本革シートに電球色の落ち着いた照明はどうみてもグリーン車。これが通常料金で乗れるんやし乗らへん手はあれへん。

Journey080713_10

INFOBAR 2で「福山雅治のTALKING FM」を聴きながら、赤瀬川原平の「優柔不断術」を読む。何、この本?全然面白くあれへん…。3ページほどめくったところで嫌になってしもた。別府を過ぎて杵築の手前で「あ、安部礼司」が始まる。でも、そこから山の中に入るし雑音だらけでほとんど聞こえへんなってしもた…。このソニック46号に乗ることで生じる唯一の障害がこれ。今週はどんな内容やったんやろか。気になるなぁ。

Journey080713_12

18時07分、小倉駅到着。「九州ムラ市場」でお土産をあさる。お菓子よりこっちのほうが惹かれる商品が多い。

Journey080713_13

反対側にある「おみやげ街道」を少しひやかす。

Journey080713_14

いつも「限定」ってある「博多まひとつ」が並ぶ。最近のお土産って新商品が目白押し。どんどん入れ替わるなぁ。

Journey080713_15

「博多ぽてと」もスティックタイプが登場。前からあるけどね。でも、「これっ」て商品があれへんのが悲しい。

Journey080713_16

東京方面行き13番、14番ホームに上がる。すると、14番ホームに博多行き0系こだま車両が止まってた。懐かしいなぁ。そろそろ廃車になるんやなかったやろか。

Journey080713_17

昭和39年、東京オリンピックが開催された時にデビューした0系ひかり。44年前に220km/hで営業運転してたことに日本の高い技術力を感じる。今は?あれへんね。

Journey080713_18

この頃は、2列-2列のシート。前後の間隔もなかなか狭い。

Journey080713_19

久しぶりに乗ってみたいなぁ。騒音や振動はどうなんやろ。

Journey080713_20

わずか6両編成。44年前の車両、消耗部品はどうしてるんやろ。

Journey080713_21

反対の13番ホームに18時41分発東京行きのぞみ52号が入ってきた。N700系の最新車両。0系デビューから42年、そんなに大きく変わってへん。最高速度も100km/h上がっただけやし。ただ、快適さは格段に上昇してるんやろな。

Journey080713_22

5両目に乗り込む。N700系は全席禁煙。それでも喫煙コーナーはある。意味わかれへん。禁煙車両やったら吸わせたらあかんやろ~。

Journey080713_23

新山口からの乗客も少なくて、広島までは空いてた。広島からはびっくりするほど乗ってきた。隣のおっさん鬱陶しかったなぁ。結局、京都まで一緒やった…。

Journey080713_24

21時13分、京都駅到着。「暑さはどこも一緒」っていつも言うけど、外から帰ってきたらやっぱり京都の蒸し暑さは尋常やあれへんと思う。何このうだるような蒸し暑さは…。扇風機あれへんし、うちわ大活躍。この蒸し暑さも京都の特徴。

ただいまどす。

|

« 夏バテ | トップページ | わすれもの »