« 目覚めはすっきり | トップページ | 血液検査? »

2008年6月 7日 (土)

トラに襲われ心停止


6月7日(土)午前9時50分頃、京都市左京区の京都市動物園の猛獣舎内で、飼育員の伊藤淳さんが血を流して倒れているのを来園者の女性が見つけた。伊藤さんは頭部や首など数ヶ所に傷があり、職員らが救出したが心停止の状態。京都府警川端署は、飼育しているアムールトラ 2頭のうち、雄の「ビクトル」が襲ったとみている。この事故で、客を一時園外に出して対応に当たった。ビクトルは東京都多摩動物公園から繁殖のために借り受けており、体重約150キロ。

動物園に囲い込んでても、トラの獰猛さは衰えるところを知らんらしい。同じネコ目ネコ科でも、ネコとは大違い。

ウガンダ・トラさんは穏やかやったね。

|

« 目覚めはすっきり | トップページ | 血液検査? »