« ウィンブルドンに棲む魔物 | トップページ | 天を仰ぐ »

2008年6月28日 (土)

高木ブー、倒れる


ザ・ドリフターズのメンバー、高木ブーさん 75歳が6月27日(金)、高輪のホテルパシフィックで行う予定だったライブ出演を急病のため取りやめていたことが分かった。ブーさんは、ウクレレ奏者としてアルバムを出すなど日本でも有数の腕前を持ち、平成8年にハワイアンバンド「高木ブー&ニューハロナ」を結成。以来、都内を中心に演奏会を行ってきた。
27日も同ホテルでライブを開催する予定だったが、ホテル関係者によると、同日昼に高木の所属事務所から「大腸炎のような症状で体調を崩し大事をとって安静にする」との連絡が入ったという。
ブーさんは出演を取りやめたが、タレントの小野ヤスシさんが代役を務め、この日 3回のステージはニューハロナとして行われた。今後は、7月11日(金)に新宿のカフェ「ピンクビッグピッグ」でウクレレライブが予定されているが、75歳と高齢のため活動再開については体調を考慮しながら慎重に検討するものとみられる。

高木ブーももう75歳なんやなぁ。ということは、長さんは何歳やった?鬼の姿しか思い浮かばへん…。千春に続く体調不良やけど、ブーさんは老衰が原因?

|

« ウィンブルドンに棲む魔物 | トップページ | 天を仰ぐ »