« Googleのしくみ | トップページ | 睡眠不足? »

2008年6月 9日 (月)

6月14日(土)、世界献血デー


サウジアラビア政府の、

「6月14日(土)の『世界献血デー』に、すべての自国民が滞在国で献血をするように」
との指示に従い、在日本サウジアラビア大使館(東京都港区六本木1)が留学生たちに献血をさせようとしたところ、多くは英国留学経験があるなどの理由で献血できないことが分かった。大使館は苦肉の策として、「大使館内でごちそうするので、代わりに日本人が献血して」と異例の呼びかけをしている。
同政府は「世界各地のサウジアラビア人が献血し、相手国と友好を深めよう」との試みを各国にある大使館に指示。在日大使館も4月、日本の大学などで学ぶ約200人の留学生にメールなどで協力要請を始めたが、留学生のほとんどはヨーロッパへの滞在・留学経験があった。日本は変異型クロイツフェルト・ヤコブ病への対応で、「1980-1996年に1日以上英国に滞在した人は献血できない」との献血制限を実施しており、多くの留学生が該当した。
しかし、献血は本国政府の指示のため、日本だけ中止することはできず、大使館に日本赤十字社の献血車を呼び日本人に献血してもらうことにした。その代わり、特例的に大使館の一部を開放し、昼にはサウジ風炊き込みに肉を乗せた「カプサ」など高級食材のお国料理を振る舞う。

ファイサル・ハサン・トラッド駐日大使は「留学生が献血できないことには驚いたが、人類を救うことはイスラムの教え。1人でも多くの日本の方に協力いただきたい」と話している。大使たっての指令で、「金に糸目は付けず最高の素材」の料理や菓子で礼を尽くすという。受け付けは6月14日10時から12時と13時から16時。問い合わせは同大使館(03-3589-5241)まで。


しまった~っ、先週末献血してしもた…。今週末は、最高の食材求めてサウジアラビア大使館まで行かなあかん。

|

« Googleのしくみ | トップページ | 睡眠不足? »