« 悲鳴 | トップページ | 自殺を考えた »

2008年5月17日 (土)

人の脚見つかる

5月17日(土)の早朝、滋賀県近江八幡市の琵琶湖岸で人間の片脚が見つかった。そして午後、新たに人の片脚が見つかった。近江八幡署は最初に見つかった片脚と同一人物の可能性もあるとみて司法解剖するとともに、事件と事故の両面から捜査している。見つかったのは太ももから足首の約70センチの片脚で、15時頃に周辺を捜索していた近江八幡署員が、西に約2.5キロの場所で発見した。

物騒な事件は日本全国場所を選ばずに発生してる。犯罪大国ニッポン。

学生時代、人間の脚が机の上に置いてあったの時はビックリしたなぁ。油紙に包んであったし初めは何かわからずに持ち上げたりしてた苦い記憶が…。

|

« 悲鳴 | トップページ | 自殺を考えた »