« 音声案内に興奮、500回電話 | トップページ | 『Inniskillin VIDAL ICEWINE』 »

2008年5月25日 (日)

『赤ワインようかん』

Souvenir080525_01

信州のお土産『赤ワインようかん』を食べる。

Souvenir080525_02

開封してみると、何の趣向もあれへん真空パックが現れる。

Souvenir080525_03

赤ワインの風味がほんのりと漂う。ただ、成分を見ると、砂糖、白生餡、赤ワイン、水飴、寒天、甘味料(ソルビット)、酸味料(クエン酸、リンゴ酸)、着色料(赤3、赤106)とある。化学成分いっぱい入ってるなぁ。しかも後味悪すぎ。失敗やったかな…。
ラベルには、「ぶどうの栽培とワインの熟成に理想的な風土で、丹精こめて造りあげました」とある。「風土」だけがウリなんやろか?ワインとは全然関係あれへんらしい。

赤ワインようかん
菊水屋
山梨県笛吹市春日居町鎮目445-1
0553-26-3888

|

« 音声案内に興奮、500回電話 | トップページ | 『Inniskillin VIDAL ICEWINE』 »