« 宮島散策 | トップページ | さようなら宮島 »

2008年5月 6日 (火)

『厳島神社』

Journey080506_30

世界遺産『厳島神社』の境内に入った。

Journey080506_31

干潮時には、ここから対岸へ歩いて渡ることもできる。潮干狩りの名所。

Journey080506_32

木々の隙間から御社殿が見える。

Journey080506_33

海の上に浮かぶ厳島神社。干潮と満潮の両方を見るには6時間必要。

Journey080506_34

神社やのに境内有料、\300-。お寺は有料のところが多いけど、神社で有料のところってあったかなぁ。世界遺産やから?

Journey080506_35

厳島神社の御社殿は推古元年(593)で、仁安3年(1168)に平清盛が現在の規模に造営した。そして平成8年(1996)12月にユネスコの世界文化遺産に登録された。
宮島は、昔から神の島として崇められていたので御社殿を海水のさしひきする所に建てたといわれている。

Journey080506_36

この朱色を見ると伏見稲荷を思い出す。

Journey080506_37

海上に浮かぶ御社殿。満潮時をぜひ見ておきたい。

Journey080506_38

大鳥居が沖に見える。干潮時には歩いてそのふもとまで行ける。

Journey080506_39

御社殿の後ろに、五重塔と千畳閣がそびえる。

Journey080506_40

メインの御社殿。外から見るものやね。

Journey080506_41

大鳥居の撮影ポイントは山ほどある。

Journey080506_42

現在の水深は1m弱。どんどんひいていってるのが分かる。

Journey080506_43

厳島神社での挙式は\10万から。なかなか良心的。

Journey080506_44

狛犬と御社殿と五重塔と千畳閣。欲張りすぎ。

Journey080506_45

昔ながらの能舞台。重要文化財に指定されてるもの。

Journey080506_46

どれくらいの周期で塗り替えられてるんやろな。今は見事な朱色。

Journey080506_47

能舞台と御社殿と五重塔。どこから狙っても絵になるね。

Journey080506_48

あの太鼓橋は絶対上れへんやろ。

Journey080506_49

ここで終了。御社殿内は一方通行。ここから入ったら無料やから。
この先さらに西に進むと「宮島水族館」がある。

Journey080506_50

ここは「大願寺」の境内になる。宮島には神社やお寺が無数にある。

Journey080506_51

水路沿いを歩く。ここは車通りが多い。車通行禁止にしたらいいのに。

Journey080506_52

鹿が行水してた。気持ち良さそうやね。

Journey080506_53

ツツジが綺麗な季節。厳島神社とツツジ。

Journey080506_54

社務所の前を通って五重塔に向かう。

Journey080506_55

北側の階段を上がるのが最短ルート。朱色が綺麗。

Journey080506_56

絵になるなぁ。

Journey080506_57

向かいには豊国神社「千畳閣」がある。昇殿券は大人\100-。

Journey080506_58

天正15年(1587)に豊臣秀吉が毎月千部経を読誦し、戦没将士を慰霊するために建立した大経堂。ほんまに千畳くらいありそうな広さ。

Journey080506_59

高台にあるだけに眺望がいい。

Journey080506_60

床がひんやりと気持ちいい。

Journey080506_61

朱色の五重塔が映える。

さて、早々に撤収。

|

« 宮島散策 | トップページ | さようなら宮島 »