« 下り坂 | トップページ | お待たせ »

2008年5月 2日 (金)

九州避難

Journey080502_01

京都駅地下東口のみどりの窓口横券売機にやってきた。ここでEXPRESS予約のチケットを受け取る。山陽新幹線はまだEX-ICカードに対応してへんから使いにくい。

Journey080502_02

東口から改札を抜ける。

Journey080502_03

閑散としてるなぁ。あっ、今日も平日か…。
博多方面は南側の13, 14番ホーム。

Journey080502_04

13番ホームにやってきた。G.W.中とは思えへん閑散ぶり。12番ホームに入ってきた東京行のぞみも車内はがらがらやった。

Journey080502_05

この車両、700系やのにピカピカ。おろしたての新車?あれっ、700系のぞみってまだ造ってるんやろか?

Journey080502_06

いつもの電車、6時56分京都発博多行「のぞみ57号」に乗る。

Journey080502_07

1から3号車までの自由席ホームは、6時30分には誰もおれへんかったけど、6時50分にはこの行列。みるみるうちに長くなっていった。

Journey080502_08

N700系「のぞみ57号」がホームに入ってきた。携帯電話のカメラでここまで撮れたら上出来やね。レリーズラグが偶然の産物を創りだした。

Journey080502_09

名古屋発の「のぞみ57号」4号車から降りてきたのはたった2人。
混雑は明日からやろか。

Journey080502_10

このがらがらは考えられへん。明日以降なんて空席ひとつも空いてへんのに。

Journey080502_11

乗車率10%以下。乗車率が250%なんてなったら、いくらハイパワーモーター積んでても、加速もブレーキの利きも悪くなるんやろなぁ。

Journey080502_12

9時23分、小倉駅到着。新大阪駅で乗務員がJR東海からJR西日本に交代して、アナウンスのお姉さんの声が変わった。語尾の「ます」、「です」、やアクセントのつけ方が絶妙でとっても癒される声やった。今までにはなかった美声に癒された。ずっと聴いてたかったほど。

Journey080502_13

ホームから階段を降りて、左にUターンするとすぐにJR在来線への連絡改札口がある。ここに持ってる切符のすべて、3枚投入する。最近の自動改札はよくできてるなぁ。最大何枚入るんやろか。

Journey080502_14

短い階段を上がって左、左へと進む。そして7番ホーム東京よりの階段を降りるとちょうどここにやってくる。7量編成のソニックは階段降りたところの13番乗車口がちょうど最後尾の7両目になる。この車両が4号車から7号車までの自由席車両のなかで一番空いてるしお薦め。丁寧にも「ソニック自由席」という水色の旗が立ててあった。これやったら迷うことあれへんね。

Journey080502_15

右手には6号車の乗車口に立ってる青い旗が見える。そこにも誰も立ってへん。

Journey080502_16

次々と行列が伸びていった。そして9時48分定刻通りに「ソニック9号」がやってきた。青いソニックか…。座り心地は885系白いソニックが最高。右手からやってきたソニックは、スイッチバックしてまた右手に進む。小倉駅の造りは全国的にも珍しい。

Journey080502_17

あらら、ソニックもがらがらですよ。明日はどうなってるんやろ…。

Journey080502_18

「4枚きっぷ」は1年中使用制限あれへんからお得。片道指定席特急券込み正規運賃\4,290-が\2,450-になる。ほぼ半額。博多~大分間やともっとお得。

Journey080502_19

別府に入ると天気がよくなってきた。日差しが強いなぁ。あれっ、いきなり冷風が出てきた。もうエアコン?まだちょっと寒いで。

Journey080502_20

別府湾が見えたら大分駅まであと5分。新幹線ってほんまに便利な移動手段やと思う。700km強を4時間、\15,000-で移動できたら安いくらい。

Journey080502_21

11時9分、3分遅れで大分駅に到着した。ソニックはギリギリのダイヤで運行されてるから遅れるのは当たり前。もっとゆとりダイヤにしてもええと思うけどなぁ。

Journey080502_22

今年大分国体なんやけど、大分駅の高架化は間に合わへんかったんやなぁ。
さて、娘と息子の待つ我が家へ。

|

« 下り坂 | トップページ | お待たせ »