« 嫌な予感 | トップページ | 3時まわって… »

2008年4月23日 (水)

走行中の「のぞみ」から飛び降り


4月22日20時10分頃、東海道新幹線浜松~掛川駅間を走行中の新大阪発東京行き「のぞみ150号」から、乗客の男性が非常用コックでドアを開けて線路内に飛び降りた。静岡県警は同日22時頃、浜松、磐田両市境を流れる天竜川の鉄橋上で遺体を発見し、車内に残されていた免許証などから福岡市の男性とみて調べている。
東海道新幹線は東京~新大阪間の上下線で運転を見合わせ、23時過ぎに全線で運転を再開したが、44本に最大3時間5分の遅れが出て、約4万2,000人に影響した。東京、新大阪両駅では乗客の宿泊用に「列車ホテル」が用意された。
JR東海によると、非常用コックは緊急脱出用に使用されるもので、走行中でも手動で開けることができるという。男性は3号車のドアを自分で開け飛び降りたという。のぞみは当時、時速230km/hで走行していた。運転士はドアが閉まっていることを示す表示灯が消えたため緊急停止させた。

走行中にドアが開くのは明らかに本質安全の観点から間違ってるんやない?

|

« 嫌な予感 | トップページ | 3時まわって… »