« 夜の電車 | トップページ | 台湾の梅酒 »

2008年3月 3日 (月)

雨の日と月曜日は

ひとりごとをいって老けたって思う
時にはこんなことやめてしまいたいって思う
すべてのことがしっくりこないみたい

時をもてあまして
ただしかめっ面をするだけ
雨の日と月曜日はいつも気がふさいでしまう

こういうのを昔はブルースっていったね
本当は悪いことは何もない
居場所がない気がするだけ

歩きまわって
まるで孤独なピエロみたい
雨の日と月曜日はいつも気がふさいでしまう

おかしいけど最後に行き着くのはいつもあなたのところ
誰かが私のことを愛してくれるってわかることは素敵なことでしょ
おかしいけど他にすることがないみたい
私を愛してくれる人を探して走りまわることしか

私の想いは浮かんでは消えてしまう
話し合うまでもない
何のことだか私たちにはわかっているんだから

時をもてあまして
ただしかめっ面をするだけ
雨の日と月曜日はいつも気がふさいでしまう

雨の日と月曜日は、カーペンターズ

|

« 夜の電車 | トップページ | 台湾の梅酒 »