« お別れ | トップページ | 名古屋プチ旅行 »

2008年3月30日 (日)

さらば大分

Journey080330_01

16時20分、大分駅にやってきた。これで九州プチ旅行は終了。一旦やんでた雨がまた強くなってきた。さすが雨男、期待通りやね。

Journey080330_02

お土産を物色するでもなく4番ホームにやってきた。発車10分前やのにまた先頭やった。どこに並んでいいかわかれへんらしい。先頭に立った瞬間に後ろに行列ができた。ヤードには白いソニックが見えてる。今回こそは白いソニックに乗ろうと思ってた。

Journey080330_03

1番ホームに博多発大分行の青いソニックが到着した。ここに白いソニックがやってきたら、出発するのは青いソニック。青いソニックが到着したら、出発するのはかなり高い確率で白いソニックになる。

Journey080330_04

16時40分大分発博多行ソニック46号がホームに入ってきた。期待通りの885系白いソニックですよ。これで快適な旅を満喫できる。

Journey080330_05

6両編成の先頭車両に乗り込む。先頭って危険なんやな~。

Journey080330_06

この雰囲気がグリーン車やないこと自体不思議に思える。

Journey080330_07

16時40分に発車するというのにがらがらですよ。この電車って人気あれへんのやろか?小倉から新幹線にジャストで乗り換えられるのは大分駅を毎時15分前後に出発するソニック。これは中途半端やし人気あれへんのかもしれん。また遅れて小倉駅で走りたくあれへんしこれにした。白いソニックに乗りたかったのも理由のひとつ。

Journey080330_08

肘掛けの革が左右で全然違うのは気のせい?本革やけどB級品を使ってるからコストはそれほど高くないという。本革シートは座り心地いいけど滑るのが難点。

Journey080330_09

5番ホームには16時43分大分初東京行寝台特急「富士」が到着した。これが京都に停まるんやったら迷わずこれに乗る。彗星がなくなったのはかなり痛い。

Journey080330_10

ラジオ聴きながら記憶を失ってた…。17時5分に安部礼司の声で目覚めた。周りを見渡すと全然混んでへん。やっぱり人気あれへんのやなぁ。混まへんいい電車を見つけた。すでに別府、杵築と停まったあとやのに1車両に10人ほどしか乗ってへん。

Journey080330_11

まだ雨は降り続いてる。窓の外に見えるのは大分道やろか?『あ、安部礼司』は雑音ひどくてほとんど聴けへんかった。録音してたんやけど全然あかんかった。

Journey080330_12

18時7分、定刻通り小倉駅到着。余裕ある時は遅れへんのやな~。新幹線への乗り継ぎ改札口横にある「エクスプレス予約」発券機に向かう。

Journey080330_13

のぞみ52号は小倉駅を18時41分に出発する。まだ30分以上あるし余裕やね。

Journey080330_14

新幹線の特急券と乗車券を購入するのに、ここまでの切符がいる。やっぱりあかんかったね。前回これでバタバタしたし今回は余裕を持った電車にした。

Journey080330_15

2枚きっぷ、4枚きっぷやと「正しい切符を入れて下さい」と表示される。いけてへん切符やなぁ。でも、かなり安くて助かってるのも事実。

Journey080330_16

隣の「みどりの窓口」に並んでもいいんやけど、辛気くさいご老人が並んでたしやめた。こんな所に並んでたら時間がもったいない。

Journey080330_17

在来線の出口に向かって改札を抜ける。今回はこうすることを想定してた。

Journey080330_18

見慣れへん小倉駅構内を歩いて新幹線改札口へと向かう。こんなところ歩いたことあれへんなぁ。かなり違和感ある。

Journey080330_19

新幹線改札口手前にある「みどりの窓口」に入る。ここの自動券売機でエクスプレス予約のチケットを受け取る。何の問題もなし。一旦改札出なあかんのは面倒やね。

Journey080330_20

新幹線改札口を通る。まだまだ余裕やね。

Journey080330_21

新幹線コンコース内の「おみやげ街道」にやってきた。今回こそお土産を買おう。そのために40分開けたんやし。おかげで混まへんソニックを見つけれて良かった。

Journey080330_22

最近はお土産の種類増えたなぁ。その地域の特産品っていうものがなくなりつつあるような気がする。カオス状態やね。

Journey080330_23

反対側にある「九州のムラ市場」にも寄ってみる。

Journey080330_24

こちらはお菓子やなくて、九州各地の名産品が揃ってる。こっちの方がいいね。

Journey080330_25

ええもん見つけた。これ買って帰ろっと。

Journey080330_26

40分の待ち時間もあっという間やった。「のぞみ52号」はN700系車両。もちろんこれを狙った。これの1本前に500系の「のぞみ50号」があったしちょっと迷ったのも事実。

Journey080330_27

入ってくる新幹線の安全確保とアナウンスのために出てきた駅員さん。この方にご老人たちが群がって質問の嵐やった。

〝ちょっと待って下さい〟
〝さっき言ったでしょう?〟
〝何に乗りたいのですか?〟

かわいそうなくらい攻められてた。ご愁傷様です。

Journey080330_28

8号車に乗車、実は今回もグリーン車。前回の心地いいシートが忘れられへんかったから。満席の自由席やぎゅうぎゅうの指定席なんて乗ってられへん。一度贅沢を覚えたらあかんな~。前回みたいに子供がおれへんことを願う。

Journey080330_29

小倉~京都間のグリーン料金は、普通車指定席に\4,480-がプラスされる。これを高いとみるか、安いとみるか?快適さからすると安いやろ~。

Journey080330_30

小倉時点ではそんなに混んでへんかった。でも…、あれっ?隣に乗ってきた。なんで?絶対席を間違えてると思ってたけど、そうでもあれへんみたい。

Journey080330_31

グリーン車にも前方に電光掲示板でニュースが流れてるんやけど、この高いシートで前方なんて全く見えへん。意味あるんやろか?

Journey080330_32

AC100Vが肘掛けのところまできてるしちょっと作業。移動時間を有効に使おう。

せっかくの快適なグリーン車のはずが…、今回も外れやった。隣のおっさんが意味もなく立ち上がったり座ったり、煙草吸いに行ったりトイレ行ったりとがさごそがさごそ動いてた。さらにビール2缶飲んでいびきをかきはじめた。もう最低やね。グリーン車ってこんなに不快な想いせんとあかんのやろか…。

20時45分、新神戸に停車するまで作業を続けた。そして21時14分の京都着まで45分間眠ることにした。リクライニングシートは快適。

この後、何が起こるかも知らずに夢見心地やったね…。

|

« お別れ | トップページ | 名古屋プチ旅行 »