« 芽生え | トップページ | やりたいこと »

2008年3月24日 (月)

『h+ バターナイフ』

Item080324_01

2008年3月度の「粋なアイテム」が届いた。

Item080324_02

毎度毎度の無駄な梱包。

Item080324_03

商品自体はやけに簡易な梱包。これだけでトーンダウン。

Item080324_04

h+ バターナイフ \1,260-

3ヶ月待ってようやく入荷した商品。この商品は、波佐見焼の「白の器」シリーズで、日常の何気ない暮らしを、ちょっと良いものにする使い勝手の良さが散りばめられているという。バターはもちろんジャム・ペーストナイフとしてや、チーズを切るのにも使用できる小ぶりのナイフで、真っ白な磁器と自然を生かした木材のコントラストが美しく食卓を飾るもの。
よく見てみると、柄の部分と先端の磁器の部分が汚く接着剤がはみ出てた。テンション下がるなぁ。白い磁器もいまいち綺麗やないし…。

Item080324_05

機能としては、普通に使える。バターナイフやったらスプーンでもいいくらいやし、機能的に求めるもんはなくてほとんどデザイン重視やと思う。これが入荷待ち?

h+バターナイフ
白陶磁器 波佐見焼
デザイナー 小渕晋、小山佳子、長尾美智子、矢口紀子

|

« 芽生え | トップページ | やりたいこと »