« 『高菜明太マヨ牛丼』 | トップページ | 『長野讃歌』 »

2008年2月28日 (木)

さようなら駒ヶ根

Journey080228_01

駒ヶ根最後の目覚め。窓から見える木曽駒ヶ岳の冠雪が綺麗。

昨日は23時に寝て、5時までぐっすり6時間寝た。
ちょっと寝過ぎたやろか?身体の動きが鈍い。

Journey080228_02

6時45分、ちょっと早めのチェックアウト。
毎日こんな綺麗な山を眺めながら生活してみたい。

今回、ちょっとしたきっかけを見つけた。
何の?それはぼちぼちね…。

Journey080228_03

昨日の「すき家」。ここの前の歩道だけ雪が残ってる。雪っていうより氷やけど。実は昨日、ここで滑ってこけそうになった。この横を通り過ぎて、氷がなくなったと油断したその時、うっすらと氷が張っててそこで滑った。こけはせんかったけど、歩道で激しく踊ってしまった…。目撃してた人は笑ってたやろな~。自分でも笑いが止まらへんかったし。咄嗟の時には素が出てしまう。これが面白い。

Journey080228_04

ホテルから徒歩10分、駒ヶ根市のメイン通りまでやってきた。

Journey080228_05

駒ヶ根市商工会議所の隣りに「駒ヶ根市バスターミナル」がある。

Journey080228_06

高速バスの出発時刻は早朝だけに、5時30分からオープンしてる。

Journey080228_07

予約してたチケットを受け取る。

Journey080228_08

帰りは一気に京都まで乗る。
駒ヶ根市~京都深草バス停まで \4,230-、3時間40分の旅。

Journey080228_09

7時5分、到着したのは古い阪急バス。このバス停から乗ったのは他に1名。箕輪発阪急梅田行き高速バスは人気あれへんらしい。1日2便しかあれへんのもその理由。ほとんどが名古屋行きで、そこから新幹線に乗り換えるんやろな…。そのほうが速いし。トランクに荷物を入れようと思ったら「空いてるから」と座席に置くように言われた。

Journey080228_10

乗客は10人ほど。隣りに誰も座れへんのは嬉しい。
駒ヶ根市を7時10分に出発して、京都深草に10時58分、終点阪急梅田には11時50分に到着する。京都まで乗り換えなしで行けるのがいいね。

Journey080228_11

この雪原も駒ヶ根市を離れるとすぐになくなる。

駒ヶ根市を出ると、駒ヶ根インター、飯島、松川、高森、上飯田、駒場に、およそ5分おきに停車。それを越えたら一気に京都までノンストップ。さいなら~。

Journey080228_12

8時40分、恵那峡S.A.に到着。上りに較べると貧弱なS.A.に見える。
路線バスの宿命、必ずS.A.で小休止を取る。しかも、止まれるS.A.は決まってて、同時刻を走る高速バスが一斉に並ぶことになる。

Journey080228_13

15分の休憩、前回はあまりに種類の多いお土産に決めかねて買えへんかった。ほんまに種類が多い。今回もかなり迷ったな~。出発時刻に遅れそうになったほど。

Journey080228_14

この阪急バスはかなり年期が入ってる。高速バスの寿命ってどれくらいなんやろ。

Journey080228_15

バスに戻ると、「ヘッドホンはいらんか」と訊かれた。いらん。

しばらくすると、「うぃ~ん」という音が聞こえてきて、何事かと思ったらテレビが横から移動してきた。これから『武士の一分』を上映するらしい。前半、携帯ラジオのイヤホンを繋ぎ換えてちょっとだけ観てたけど、やっぱりラジオの方が面白いし観るのやめた。そしていつの間にか寝てた…。

Journey080228_16

目覚めたら関ヶ原。なんですかこの雪は?信州より深いやん。一面銀世界で、道路にもまだ雪が残ってた。恵那峡S.A.から岐阜羽島まで全然雪あれへんかったのに。

Journey080228_17

9時55分、多賀S.A.に到着。ここで12分の休憩。下り線の多賀S.A.には宿泊施設があることで有名。でも、実際に泊まる人っておるんやろか?

Journey080228_18

「ロッテリア」が併設されてた。いつからやろ?道路公団が民営化されてから、コンビニ、ファーストフードといったお店をよく見かけるようになった。

Journey080228_19

信州よりよっぽど雪が深い。ゲリラ雪のせい?

Journey080228_20

ずらっと高速バスが並ぶ。無理矢理トイレの近くに止めんでもええのに。

Journey080228_21

トイレ横に「ラーメン缶」の自動販売機があった。ラーメンの缶詰ですよ。

Journey080228_22

「おでん缶」は見たことあるけど、これは初めて見たな~。\350-ってなかなか高い。

Journey080228_23

多賀S.A.を出発してしばらく走るとなんやら工場が見えてくる。

Journey080228_24

「京セラ蒲生工場」ですよ。すぐ隣には「八日市工場」もある。ここでは、太陽電池や人工関節などの応用商品を製造してる。京セラで一番古い工場。

Journey080228_25

30分も走ると野洲川を越え、草津P.A.を越えたところに新名神への分岐があった。こないだ開通したとこやったな~。名古屋まで20分近く短縮できるという。名神の新たな迂回路になり得るやろか?瀬田西・東I.C.付近は京滋バイパスへの分岐もあって久御山JCT並に複雑になってしもた。

Journey080228_26

定刻の10時58分、深草バス停に到着。意外と速かったな~。

Journey080228_27

長いようで短かったバスの旅。阪急バスよ、さようなら。

Journey080228_28

高速道路脇を歩いてみると、1トン以上もの鉄の塊が100km/hを越えるスピードで走ってることに恐怖を感じる。車が通過するたびに「どひゅー」っていう音が聞こえてきた。

Journey080228_29

ここが出口。24時間出入り自由やし、ヒッチハイクも可能。いや、バス停は基本的に路線バス以外進入禁止やし無理か。側道からS.A.に入るほうがまだマシか…。

Journey080228_30

高速上にあるバス停を使ったのは初めて。京都駅からバス出てるし、敢えて使うもんでもあれへん。今回の「アルペン号」のように限られたルートの時くらいやね。

Journey080228_31

平日の昼間にこんなとこ歩いてることが不思議。
バス停から名神沿いにまっすぐ東に向かう。

Journey080228_32

師団街道を越えると「ポポロヒロバ」がある。学生時代によく通ったお店。ここのメニューは多彩で、名称が面白い。改装したんやろか?以前は「POPOLO HIROBA CLUB」ってネオンが輝いてた。最近来てへんな~。\5,000-のパフェを一度食べてみたい。

Journey080228_33

そのまままっすぐ筋違橋通に向かう。

Journey080228_34

バス停から徒歩5分、京阪藤森駅に到着。

Journey080228_35

自転車が綺麗に並んでる。パーキングチケットみたいな自動券売機があったけど、そこらじゅうに放置されてる自転車もある。マナーよりモラルの問題。

Journey080228_36

券売機で切符を購入。あいにく私鉄系のPiTaPaは持ってへん。JR系のICOCAは使えへんみたい。地下鉄では使えるのにな~。

Journey080228_37

藤森駅から\200-区間の切符を購入。時刻は12時前やのに、印字されてるのは10時59分、1時間近く狂ってる。

Journey080228_38

京阪は小さい頃毎日のように乗った電車。枚方から京都間を往復した。

Journey080228_39

特急電車が通過した。藤森駅には普通しか止まれへん。

Journey080228_40

それからすぐ普通電車がやってきた。京阪電車を見るとガチャピンが思い浮かぶ。この顔、ガチャピンに似てへん?

Journey080228_41

藤森から、深草、伏見稲荷、鳥羽街道、東福寺と停車して七条に到着。東福寺を越えると地下に潜る。あれっ、東福寺でJRに乗り換えればよかった?いや、それよりなんでバス停から東に京阪藤森に向かったんやろ?西の地下鉄竹田駅に向かえばよかったやん。頭の中には京阪しかあれへんかった…。今思えば不思議。

Journey080228_42

地上に上がるとすぐ七条大橋がある。遠くには京都タワーも見える。
京都に帰ってきました。

Journey080228_43

京都駅からJRで瀬田に向かう。行動にロスがありすぎやね。

ハードな1週間もこれで終わり。お疲れさんでした。

|

« 『高菜明太マヨ牛丼』 | トップページ | 『長野讃歌』 »