« 近鉄特急に乗って… | トップページ | 目覚めたら雪景色 »

2008年2月 2日 (土)

温泉付き別荘

Journey080202_31

叔母のお見舞いをしてから、叔父の強い薦めで津にある別荘に行くことになった。榊原温泉にある温泉付きの別荘らしい。榊原温泉は3年ほど前に行ったことがある。pH=8.6 のアルカリ泉で泉質がいいのが特徴。この一帯は、「リタイアした団塊の世代向けに第二の人生を楽しむところ」とのふれこみで売り出してた。山野を切り開いた土地もほとんどが売れてしまってた。そして、立派な家やログハウス、レストランと様々な建物が建ってた。自分でログハウス建てるのも面白そうやね。

Journey080202_32

ちょっと雰囲気の違う建物がぽつりと建ってた。ログハウスがほとんどの中、白い家はかなり目立つ。さらに隣の家なんて、街中にある普通の家。雰囲気壊すな~。

Journey080202_33

室内は木の香りが漂ってる、この匂いは好き。いいな~、いい家やな~。

Journey080202_34

階段を上がる。木がふんだんに使われてるのはログハウスそのまんま。木っていうのは暖かみを感じていいね。

Journey080202_35

2階は寝室になってる。こんな家いいな~。

Journey080202_36

これは書斎?このエリアの用途は何やろ…。

Journey080202_37

1階に降りて浴室へ。自宅で温泉を満喫できるなんて幸せやな~。ただ、榊原温泉は鉱泉やし沸かす必要はあるんやけど。源泉の温度は、17.8℃とかなり冷たい。ブラインドを開けると星を見ながら入れるとのこと。温泉が浴槽に及ぼす影響ってどれくらいあるんやろ…。すぐに黄ばんできそうな気もする。

Journey080202_38

効能はかなりたくさんある。温泉ってほんまに効くんやろか…。

Journey080202_39

ベランダはかなり広い。冬は無理やけど、それ以外は毎日BBQらしい。いいね。

Journey080202_40

南から見た別荘。西隣の家が邪魔やな~。隣は最近建ったとのこと。

Journey080202_41

外に出て、徒歩5分のところにある共同浴場へと向かう。

Journey080202_42

「和の湯」という名の共同温泉。このエリアのオーナーのみ自由に入れるとのこと。

Journey080202_43

ここは岩の露天風呂。これがあったら自宅に温泉引かんでもいいんやない?

Journey080202_44

綺麗に見える温泉やけど、さすがに共同だけあって結構汚い。循環式で消毒するために塩素を入れてるとのこと。

Journey080202_45

それでも pH=8.6 のアルカリ泉は、かなりぬるぬるした。ぬるぬるしてるから温泉ってわけでもないんやけど…。

Journey080202_46

岩盤浴エリアもある。これが岩盤浴?イメージと違うな~。タオル敷いて寝そべってみたけど、30分経っても汗が出るわけでもなく寒いだけやった…。

Journey080202_47

戻ってから男5人で鍋にする。鍋は温まっていい。

Journey080202_48

2人帰って3人で宴会が続く。帰るつもりがまさか泊まることになるとは思いもせんかった。酔っ払いをさておいて、外を見ながら温泉を満喫させてもらった。循環やなくて純粋な温泉は気持ちよかったな~。毎日入れるなんて贅沢極まりない。こんな家がほしいな~。

Journey080202_49

車で5分の「マックスバリュー」で買ってきた落花生。

Journey080202_50

中国産の食品はかなり多い。原産は中国やけど、加工は津らしい。ひとつの食品に有害物質が混ざってたからって全てが危険というわけではあれへん。

就寝前にもう一度温泉に入った。明日の予報は雪らしい。

|

« 近鉄特急に乗って… | トップページ | 目覚めたら雪景色 »