« 『ホテルセンピア伊那』 | トップページ | コンビニを求めて »

2008年2月 8日 (金)

『亀』

極上の馬刺を食べさせてくれるお店として、伊那市内にある食事処『亀』にやってきた。まずは溶けるように柔らかい馬刺を堪能。それから、珍味の腹黒いか。そして、そば餃子、そばピザと食べたことのないそばものが続く。そば餃子が旨かったな~。そばピザも絶品やった。他に、焼き鳥、唐揚げと続き、締めは名物「からつゆ蕎麦」。から大根のおろしの中に味噌を溶いたつゆ、そこに盛り蕎麦をつけて食べる。でも、これだけは普通の蕎麦やと思ったね。豚汁風の季節物の「冬そば」のほうがはるかに旨かった。食べた量は大したことあれへんかったけど、あれだけ飲んで1人\4,000-はかなり安い。また来たいお店のひとつ。ぜひ次はカウンターに座りたい。

たまにはカメラを出せへん時もある…。
そして、文章だけでは伝えられへん文章力のなさに嘆く。


長野県伊那市坂下入舟3308 動物横丁
0265-72-2130
16:00-23:00(日曜・祝日休み)

2次会になんて行きたくあれへんかったけど、これもつきあい。
今日も寝てる余裕はあれへんやろな…。

Gourmet080207_11

伊那市いちばんの繁華街。あれだけべろべろに酔った人を見たのは久しぶりやったね。ここで明日の朝の約束をする。
泥酔者と約束したらあかんことを身をもって知った。

Gourmet080207_12

1時前にホテルに戻る。あれっ、ホテルの鍵をポケットに入れっぱなしやった…。

|

« 『ホテルセンピア伊那』 | トップページ | コンビニを求めて »