« メガシリーズ再来 | トップページ | すでに傷物 »

2007年12月14日 (金)

『バーミヤン』は「ゴキブリラーメン」

『吉野家』の「テラ豚丼」、『ケンタッキーフライドチキン(KFC)』の「ゴキブリ揚げ」と、外食産業の従業員による騒ぎが話題になってる中、今度は中華系ファミリーレストラン『バーミヤン』で「ゴキブリラーメン」騒動が勃発した。都内の私大2年の男子学生が、日記サイトに「ゴキブリのだしが効いたスープでラーメンを出していた」などと書き込んだのが始まり。当然の如く、関連サイトは炎上してる。

書き込みがあったのは12月10日(月)の深夜。KFCの一件で有名私大付属高を自主退学した男子高校生を引き合いにして、「この高校生に対抗しようと思う」などと挑発し、書き込みの最後でも、「すごいだろー?大学やめるべきですかねー?」と書き込んでた。

騒ぎに気づいた男子学生は12月11日(火)の深夜、「謝罪」と題した追加の書き込みを行った。しかし、その内容は「15分以内でお客様に料理を出すという決まりを守るには、ゴキブリを取り除いたスープでラーメンを作るということしかありませんでした。これは店長の方針」と、事実を否定するどころか店長に責任を転嫁する内容で、ますます批判が集中していった。
それから慌てて日記サイトを削除したものの、個人プロフィールから店舗名までがさらされる大騒ぎになった。

実際に名指しされた店舗の女性店長は怒りを隠さない。「一体、何が目的でこんなことをするのか全く理解できません。バイト時代に何か嫌なことがあったのか?単に困らせたいからやったのか?本当に迷惑です。ウチの店がネットで話題になっていることは、12月11日(火)夜、本部のエリアマネジャーからの電話で知りました。私がきてからは衛生管理を徹底指導しているので、(ゴキブリラーメンなんて)絶対にありえません!」と。この店長は昨年6月に赴任したばかりで、2004年の半年間だけ働いていた男子学生とは直接一緒に仕事をしていない。当時の店長の所在について、バーミヤンを統括する「すかいらーく」グループ広報も、個人情報を理由に明かさなかった。

ネットの発達によって、軽々しい冗談と思えるネタが取り返しのつかないことになることを、もっと問題視すべきやと思う。次は何が出てくるんやろか…。

|

« メガシリーズ再来 | トップページ | すでに傷物 »