« 週末はコートにいます。 | トップページ | 雨テニス »

2007年12月16日 (日)

偽りだらけ

馬の赤身肉に脂を注入し、「霜降り馬肉」と称して販売したのは景品表示法違反に当たるとして、公正取引委員会は居酒屋チェーンなど5社に再発防止を求める排除命令を出した。
命令の対象は、居酒屋「白木屋」「月の宴」などを運営するモンテローザ、「村さ来」の村さ来本社、「酔虎伝」や「八剣伝」のマルシェの他、食肉製造販売のファンシーと業務用スーパーのトーホー。
公取委によると、5社は2005年から今年にかけ、居酒屋のメニューやチラシで、馬のたてがみ脂を注入した馬肉を「霜降りとろ桜刺し」、「国産霜降り馬刺し」などと記載し、天然の霜降り馬肉のように表示した。居酒屋では1皿\600-程度で販売していたが、馬産地の天然霜降り肉は\2,000-から\3,000-するという。

「笑笑」、「魚民」、「白木屋」などのモンテローザグループ、「村さ来」の村さ来、「酔虎伝」、「八剣伝」などのマルシェ、これらの居酒屋はまともなものが出んしまず行かへん。ほとんど冷凍食品で、しかも安くない。その上、偽装までしてたなんて呆れるね。いっそのこと営業停止にしたらいいのに。日本は処罰が甘すぎる。

|

« 週末はコートにいます。 | トップページ | 雨テニス »