« 0系引退 | トップページ | 雨雲 »

2007年12月20日 (木)

JRダイヤ改正案発表

JR各社は、来年3月15日に実施するダイヤ改正の概要を発表した。
東海道・山陽新幹線はすべての「のぞみ」、「ひかり」が品川駅と新横浜駅に停車する。でも、新型車両のN700系を3月15日までに上下22本から43本に増やすため、両駅に停車しても運行時間はほとんど変わらないという。
東京発の「のぞみ」は、岡山行きを17本から4本に減らし、広島行きを16本から30本に増やす。利用が低調な「こだま」は新大阪-岡山など4区間計12往復を取りやめる。
東北新幹線では、ビジネス客らの需要に応えるため、午前7時台に仙台を出発する東京行き「はやて」を新設する。
在来線では、利用率が低い寝台列車「銀河」(東京-大阪)、「なは・あかつき」(京都-熊本・長崎)、「日本海2, 3号」(青森-大阪)を廃止する。

新幹線が便利になる反面、人気薄のブルートレインが姿を消すのは悲しいところ。今後、東京から西のブルートレインは全て姿を消すことになる。いくら赤字路線やからって、それをたよりにしてるお客様をないがしろにするのはどうかと思う。

|

« 0系引退 | トップページ | 雨雲 »