« 11月の放送予定 | トップページ | 肢体の不自由な子ども急増 »

2007年9月24日 (月)

NOVA 200校閉鎖へ

英会話学校最大手のNOVAが、都市部を中心に200校前後の閉鎖を検討してることが明らかになった。同校の講師やスタッフらには驚きや動揺の声が上がってるらしい。生徒勧誘時の誇大表現などが特定商取引法違反にあたるとして、経済産業省から一部業務停止命令を受けてから約3カ月、教室の大量閉鎖で、今後受講生の間にさらに不安が拡大しそう。

大阪市阿倍野区の天王寺本校に週3日通う貿易会社勤務の女性によると、NOVAの社員から先月、「世間ではいろいろ言われてるが、もっと良い会社にするので何も心配はいらない」と説明があったという。女性は「レッスンの残りポイントはあと20回分ぐらいだが、6年間通って英語も上達したし、この先NOVAがどうなるのか分からないので、新規購入はせず早めにポイントを使い切って辞めるつもり」と話した。

和泉府中校(和泉市)のカナダ人講師、ランディ・ポールマンさんは、「全国で200-300の店舗を閉鎖する話は以前から聞いてた。NOVAに講師や社員の給与を支払う能力は残ってない」と語った。また、ある女性社員によると、中堅クラスを中心に社員が相次いで辞めてるという。「残ってるスタッフも限界。漏れ伝え聞く限りでは閉鎖は事実だと思う」と申し訳なさそうな様子だった。

駅前留学もここにきて破綻か…。

|

« 11月の放送予定 | トップページ | 肢体の不自由な子ども急増 »