« 再び東京へ | トップページ | 『PG Cafe Paris』 »

2007年9月27日 (木)

『Kushi-age はん亭』

Gourmet070927_01

新丸ビルの5階にある串揚げ屋さん『Kushi-age はん亭』にやってきた。
東京根津にて創業以来「風情ある木造三階立て」が名高い串揚げのお店。

Gourmet070927_02

時刻は18時、まだ夕食には早い時間にも関わらず、カウンターしか空いてへんという混雑ぶり。えらい流行ってんな~。目の前が壁のカウンターに案内された…。外れ。

Gourmet070927_03

ガラス張りからの眺望は、正面に東京駅を見下ろせて綺麗。

Gourmet070927_04

ソースはポン酢、ソース、塩、レモンの4種と赤味噌。

Gourmet070927_05

野菜スティックが運ばれてきた。これがつきだしで、赤味噌を付けて食べる。よく見てたら、冷蔵庫から出したこのキュウリ、ニンジン、ダイコンスティックとキャベツに、霧吹きで水をかけてお客さんに出してた。そしてそれがカウンターから丸見えやった。もっと考えたほうがいいんやない?それ見ただけでこのお店から出ようと思ったくらい。

Gourmet070927_06

一品目はよくわからへんもの。何かの肉なのは確か。

Gourmet070927_07

ここから串が6本出てきて、それにもう一品追加されるのが基本。これで\2,835-。さらにここから串が2本ずつ出てきて、ストップを言うまで出続ける。1本\210-で、続々と出てくるしなかなか止められへん。これはうまいシステムやな~。エビと…、何これ?

Gourmet070927_08

続いて、栗とサーモンのつつみ揚げが出てきた。

Gourmet070927_09

これが2品目、「秋刀魚のリロット」って説明された。「リロット」って何?

Gourmet070927_10

テーブル席のお客さんが帰って、ちょうど目前に東京駅が見えた。風情あんな~。

もうちょっと景色を眺めながら食べられたらいいのにな~。
店内はほどほどに設計不良点を感じた。

串20本ほど食べて\7,000-弱。
丸の内エリアのディナーは価格帯がかなり高め。
それで味が伴ってるかっていったら…。
ばか高い家賃が入ってるから仕方ないんやろな。
ちなみに、ここはなかなかおいしかった。
でも次はないやろな。

Kushi-age はん亭
新丸ビル5F
03-3287-9000
11:00-15:00, 17:00-23:00

|

« 再び東京へ | トップページ | 『PG Cafe Paris』 »